平家物語ゆかりの嵐山・嵯峨野ちゃり旅

 

牡鹿なく 小倉の山の すそ近み ただ独りすむ わが心かな 西行(佐藤義清)

 

城南宮〜嵐山サイクリングロード〜嵐山〜亀山公園・展望台〜護法堂弁財天〜愛宕(おたぎ)念仏寺〜清涼寺

嵐山サイクリングロード

「嵐山サイクリングロード」は、桂川「渡月橋」右岸(嵐山公園)〜木津川「泉大橋」左岸間の全線約45kmにも及ぶ『自転車と歩行者の専用道』で正しくは「京都・八幡・木津自転車道線」と言います。道中は舗装整備された道で走りやすく、四季折々の自然を満喫しながらファミリーでも安心して自転車散策を楽しめます。

新高瀬川右岸堤防を北上ing・・・ 平安末期、白河・鳥羽帝によって築かれた城南離宮とも呼ばれた鳥羽殿があった城南宮
・・・ 鳥羽離宮と平清盛・西行のこま札 伏見名水・菊水若水
いつ訪ねても清々しい境内 明治天皇行財在所真幡寸(まはたぎ)神社碑 かつて城南宮は熊野詣出立の地
拝殿と本殿 小枝橋界隈で鳥羽・伏見戦が勃発した。
一発の砲弾で開戦し維新を迎えた。 桂川左岸堤防道を北上ing・・・
久世橋 ・・・ 学生時代、よく試合をした吉祥院グラウンド
・・・ 新幹線 JR京都線(東海道本線)
キララくんの爆走にハトくん逃げ遅れ?!(^▽^;) ハトくん、そこどけそこどけお馬が通る?!(^^ゞ爆 堤外人道橋(天神川)を渡る
桂大橋の下へ・・・ ・・・ 阪急電車京都線・桂川橋梁
・・・ サイクリングロードは、西大橋(五条通り)を渡って桂川左岸から右岸へ・・・
西大橋(五条通り)を渡ってすぐに左折して堤防下へ下ります。・・橋下を通過してから田畑の中を走ります・・
・・・ ・・・ 愛宕山遠望
松尾橋が見えてきました・・・ サイクリングロードは一般道と並走 ・・・
前方に亀山、愛宕山の稜線 サイクリングロードの嵐山起点(終点) 春には桜が満開!\(●⌒∇⌒●)/
中の島橋を渡ると嵐山公園 秦氏が造営した大堰顕彰の一ノ井堰碑
人力車 保津川下りの船を引き上げ所・・・船をトラックに積んで亀岡に戻る。
嵯峨の虚空蔵さん(十三まいり)で知られる法輪寺

智福山と号する古義真言宗の寺院で和銅6年(713年)、元明天皇の勅願により僧・行基の開創と伝わり古くは木上山葛井(かどい)寺と号しました。貞観16年(874年)、僧・道昌が中興し法輪寺と改名し本尊・虚空蔵菩薩を安置し世に「嵯峨の虚空蔵さん」と親しまれて今に至ります。本堂は元治元年の兵火にかかり焼失し明治になって再建され堂内には日本三虚空蔵の一と言われる虚空蔵菩薩坐像を本尊とし傍らに持国天、多聞天立像二体(重文:鎌倉期)を安置します。毎年4月13日、13歳(数え年)になった男女が虚空蔵菩薩から福徳智彗を授かるべく参拝する「十三詣り」が催され参拝後に渡月橋を渡り切るまでに後を振り返ると授けられた智福を失うと伝わります。「十三詣り」の起源は不詳ですが寛政11年(1799年)刊「都林泉名所図会」に記されています。

嵯峨の虚空蔵さんと呼ばれ十三参りで有名な法輪寺
電電塔(ヘルツ(左)、エジソンのレリーフ) 境内 多宝塔
嵐山・嵯峨野〜洛北〜洛中〜洛南俯瞰 ヽ(^o^)/えぇなぁ〜
狛犬さんならぬ・・狛牛さんと狛虎さん 知恵を授かれる?なでヤギさん(^▽^;)
十三まいり?(^^ゞ爆 知恵を授けておくれやす〜(≧▽≦)ぷっ ・・・
・・・ 月が渡るの如く・・亀山上皇が名づけたと伝える渡月橋
保津川下りの船を引き上げ所 アイスクリンでホッとタイム〜(*´ο`*)=3ホッ
あじさい花 亀山上皇が橋上空を移ろう月を眺め「くまなき月の渡るに似る」と言った事で渡月橋と名付いた。
嵐山のシンボル的存在の橋ですが渡月橋を境にして上流の大堰川(保津川)から桂川と川名を変える。
平家物語ゆかりの小督(こごう)塚

小督局(こごうのつぼね)は権中納言成範の女とも藤原信西の女とも伝え平清盛の女・建礼門院に仕え宮廷一の美女で琴の名手とされます。高倉天皇の寵愛を受けますが、以前には藤原隆房(清盛の五女の夫)の寵愛を受けた為に清盛が激怒しそれを伝え聞いた小督は帝にまで害が及ぶ事を案じて秘かに宮中を去り嵯峨野に隠棲します。帝から命を受けた北面の武士・源仲国は小督を捜し求めて渡月橋の畔に来た時、かすかに聞こえる琴の音で小督を探し出したと平家物語は伝えます。こうして帝の元に戻りやがて女子が生まれますが、中宮の徳子より先に帝の子供を生んだ事で更に清盛の怒りを招き23歳で無理矢理に出家させられました。高倉帝が亡くなった後は清閑寺で菩提を弔い、没後に高倉陵の傍らに葬られたと伝えます。

川風が涼しくて心地よか〜\(●⌒∇⌒●)/ 平家物語で知られる小督(こごう)旧跡
・・・ わぉっ!大鯉がいっぱいやんか〜(@_@;) ギィ〜ギィ〜と艪を操る保津川下りの船
山紫水明の風情が、えぇなぁ〜(*^-^*) 亀山公園へ
付近案内図 日中両国友好に尽された京都にゆかりの深い、周恩来総理詩碑
角倉了以(すみのくらりょうい)像 津崎村岡局の銅像 解説
山頂展望台へ・・・野ザルに注意!(^▽^;) 嵐峡俯瞰・・・トロッコ列車が汽笛一声して走っていきました・・
ズ〜ムもいっとこか?!(^_-) 二番目の展望台からも嵐峡俯瞰
一番奥の三番目の展望台からの嵐峡俯瞰・・・山中のテントは角倉了以が建立した黄檗宗・千光寺(大悲閣:だいひかく)
・・・ 嵯峨野竹林道・・・えぇなぁ〜(*^-^*)
嵯峨野と言えば・・嵯峨野竹林道のトンネルを見上げると・・Deep Impact?! (^_^;)\(^。^。) 欧米か?!
小倉池 嵯峨野屈指の紅葉の名所と言われる常寂光寺 龍馬、慎太郎、武市など土佐四天王像
俳人・松尾芭蕉の高弟・向井去来の庵の落柿舎 松尾芭蕉の高弟・向井去来の墓
西行井 西行歌碑 二尊院(伏見城の薬医門)
二尊院案内図 茅葺門がいい感じ・・・台杉もえぇなぁ〜(*^-^*)
 里山の風情もえぇなぁ〜(*^-^*) 嵯峨の弁天さん・護法堂弁財天・・人目を引くこともなく静寂に包まれています。

京都五山の送り火の一・鳥居形の点る曼陀羅山は別名を仙翁寺山( せんのうじやま )といい 古くは 山頂に仙翁寺の伽藍がそびえ人々の信仰を集めていたと伝えられています。その山麓にある護法堂弁財天は地元の方から「 嵯峨の 弁天さん 」 と親しまれている。

弁財天 天然記念物・モリアオガエルのたまご
本堂(護法堂) 清滝街道(愛宕鉄道跡)は鉄道軌道らしいカーブを描いている。
鉄道の架線柱跡 かつて愛宕鉄道・鳥居本駅があった辺り 市内遠望・・遠くに京都タワーが見える!
侘びな風情の愛宕街道(町並み保全地区)
愛宕鉄道が走ったルートは清滝街道となっており電車が走ったカーブと上り坂が続く・・ 鉄道の架線柱跡
愛宕念仏寺(おたぎねんぶつでら)地図

醍醐天皇の延喜年間、千観阿闍梨の開創する等覚山愛宕院と号する天台宗延暦寺派の古刹で当初は奈良時代以前、東山の地に七堂伽藍を備える御願寺として建立されました。平安時代初期に洪水で堂宇が流失しましたが、醍醐天皇の命で六波羅蜜寺の近くに再興され、大正11年(1922年)に現在地に移されました。鎌倉時代に造られた本堂(重要文化財)周辺の境内には、参詣者の手で彫られた表情豊かな1200体もの羅漢石像が並び建築、仏像に見るべきものを有します。

清滝街道(愛宕鉄道跡)と並行している愛宕街道(左) 奥嵯峨の愛宕(おたぎ)念仏寺
鎌倉初期に造られた仁王さまが祀られている仁王門 えぇなぁ〜(^◇^)
昭和56年、廃寺同然だったところ、売られた仁王像の買戻しと修復費用捻出のためもあって、五百体の羅漢作成を全国に募集されました。
賛同した方達がそれぞれの思いを込め作り上げ羅漢数は千二百体となり、平成3年11月に千二百羅漢落慶法要の儀式が執り行われました。
昭和56年頃に彫られた羅漢さんは苔むしていますが、案外お若いのですね・・・ ワイルドだろっ?!・・/(^◇^;)スギちゃんか
本堂 ふれ愛観音堂 ふれ愛観音
最近、新日本紀行ふたたびで羅漢を彫っておられる当時の映像を見ました・・京都市内を市電が走ってる頃でした。
冷水で汗をぬぐいます。(〃 ̄ ̄ ̄∇)=3 たくさんの羅漢さんはとっても個性的
えぇなぁ〜(^◇^) 色即是空、この世の物質的な物は、空である?! まずは、一献・・/(^◇^;)
ユーモラスで個性的な羅漢さんに心が和みます。。。ε=(∇ ̄ ̄ ̄〃)
羅漢さんの頭に鳥が・・( ̄◇ ̄;) どんだけ〜?!こんだけ〜(^◇^;) シュワッチ?!
羅漢さんがズラ〜ッと並ぶ境内 音色が「仏・法・僧」に聞こえる三宝の鐘(三鐘)
先代住職・西村公朝仏師の指導もあったが、とても一般人が彫ったとは思えない羅漢さん 小滝の下に龍神さん
ゆっくり、じっくりと羅漢さんを見て回るとユーモラスな羅漢さんを発見できます!(^_^)v
自分に似ている羅漢さんがあるかも・・・ 幻の右っす!
最近、再放送された新日本紀行ふたたびでここの羅漢さんのことを詳しく知りました。当時、5万円を志納して羅漢さんを彫りました。・・
あんさん、罰ゲーム?逆さまですよ。(^▽^;) 嵯峨野めぐりの始発碑 ・・・
愛宕街道・一の鳥居(奥嵯峨・鳥居本)・・タイムスリップしたような風情
嵐山界隈とは違った風情がある奥嵯峨の愛宕街道(町並み保全地区)
清涼寺(嵯峨釈迦堂) ☆地図

嵯峨野でも有数の古刹で五台山清涼寺と号し源氏物語・光源氏のモデルとされる嵯峨天皇皇子で左大臣・源融(みなもとのとおる)所縁の寺。当地は、元、左大臣・源融の別荘・栖霞観(せいかかん)があった所で寛平8年(896年)、源融の一周忌に融が生前に造立発願して果たせなかった阿弥陀三尊像を子息が造り、これを安置する阿弥陀堂を建てて寺に改め棲霞寺(せいかじ)と号した。天慶8年(945年)、源融と血縁深い式部卿宮重明親王が亡室の為に新堂を建立し金色等身の釈迦如来一体を安置。42年後の永延元年(987年)、南都東大寺の僧・「念(ちょうねん)は宋より帰朝後、請来した等身大の釈迦如来像と摺本一切径を当寺に安置しました。一説に釈迦堂の名起はこの時であるとも伝える。本尊の三国伝来の釈迦仏は有名で嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)として、今も多くの人々に崇拝されています。「念は愛宕山を中国の五台山に擬えて、その麓に大清涼寺を建立しようと考えました。長和5年(1016年)、「念没後、弟子の盛算は師の遺志を継ぎ棲霞寺内に一宇を営み釈迦像を安置し五台山清涼寺と号し都下万民の信仰を集め隆盛したが、軒を貸した棲霞寺は衰徴し、今は境内の阿弥陀堂に名を留めるに過ぎません。本尊・釈迦如来立像(国宝:宋)は、体内に五色の絹で作った五臓六腑(ごぞうろっぷ)とお経を持ち、生身(いきみ)のお釈迦様と称されています。近年、大阪城発掘時に見つかった豊臣秀頼の首塚が本堂横に祀られています。

愛宕街道 清涼寺 清涼寺塔頭・薬師寺(三地蔵尊)
薬師寺(三地蔵尊) 左から夕霧地蔵、六道地蔵、るり光地蔵 薬師堂(生の六道:小野篁遺蹟)
薬師堂(生の六道:小野篁遺蹟) 大坂の陣戦没者供養碑(左)、豊臣秀頼首塚 本堂
源氏物語、光源氏のモデルと伝える左大臣・源融(みなもとのとおる)墓所 境内
背後に愛宕山 多宝塔(府指定文化財:江戸期) 法然上人「求道青年像」と仁王門
仁王門(府指定文化財:江戸期) 嵯峨野豆腐で知られる森嘉、絹こしをゲット! ・・・
・・・ 渡月橋と嵐山、亀山、小倉山、愛宕山 嵐山〜木津サイクリングロード
・・・ ・・・ 用水を正確に分水する円形分水(円筒分水)
比叡山遠望 愛宕山遠望 ・・・
豆乳になってないかな・・(^▽^;)爆 JR京都線(東海道本線)桂川橋梁 久世橋
桂川左岸堤防道 ・・・ 名神高速道路が見えてきた・・

Tourist 2012.06.18(M)

 

関連サイト

愛宕山のパワースポット・空也瀧、ひぐらしの瀧探訪

愛宕山のパワースポット・空也瀧、ひぐらしの瀧探訪

嵐山・嵯峨野〜高雄三尾名残の紅葉チャリてち探訪

嵐山・嵯峨野〜高雄三尾名残の紅葉チャリてち探訪

嵐山、嵯峨野、愛宕山ケーブル遺構探訪

嵐山、嵯峨野、愛宕山ケーブル遺構探訪

愛宕山ミステリー散策(リベンジ編)

愛宕山ミステリー散策(リベンジ編)

愛宕山ミステリー散策

愛宕山ミステリー散策

積雪の愛宕山詣

積雪の愛宕山詣

愛宕山散策「空也滝・月輪(つきのわ)寺編」

愛宕山散策「空也滝・月輪(つきのわ)寺編」

愛宕山散策「愛宕神社散策」

愛宕山散策「愛宕神社散策」

山紫水明散策「松尾〜奥嵯峨野散策」

山紫水明散策「松尾〜奥嵯峨野散策」

清涼寺・奥嵯峨野・小倉山(亀山公園など)編

山紫水明散策「奥嵯峨野〜小倉山散策」

嵯峨野散策「嵐山編」

嵯峨野路散策「嵐山編」

嵯峨野路散策「嵯峨野編」

嵯峨野路散策「嵯峨野編」

 

夢幻コラム 夢幻コラム

 

戻る 洛雅記2012年探訪コラム

 

inserted by FC2 system