Pちゃんズの近江紀行「竹生島編」

 

近江の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 心もしのに 古思ほゆ   柿本人麿

 

琵琶湖八景の一「竹生島」

琵琶湖は世界でも10ヶ所しか確認されていない長寿の湖でバイカル湖(ロシア)、タンガニーカ湖(タンザイア)に次いで3番目に古い古代湖です。誕生は今から400万年以上前に遡り三重県上野盆地辺りに古琵琶湖(大山田湖)が誕生したのが始まりとされ地殻変動を繰り返しながら少しずつ北上し約40万年前に現在地移りました。1000過100万年前には中国にあったという説もあり現在も動き続け数100万年後には日本海に消えてしまうと言われます。歴史あるマザーレーク(母なる湖)琵琶湖(周囲約235.2km、面積約670.33ku、最水深部約103.58m、平均水深約41.2m、貯水量約275億㎥)の湖北に浮かぶ竹生島は周囲約2km、島面積0.14kuで二つの峰をもち北部の高い峰は標高197.5mの全島が花崗岩の一枚岩です。緑の樹木が青い湖面に映える姿は「深緑竹生島の沈影」として琵琶湖八景の一に数えられます。「近江国風土記」によると夷服岳の多多美比古命(伊吹山の神)が、姪にあたる浅井岳の浅井姫命(浅井岳の女神)と高さを競い負けた多多美比古命が、浅井姫命の首を切り落としたところ首が湖に落ちて竹生島ができたと伝え、一説には最初に生えたのが竹だったので「竹生島」と名付いたとも伝えます。古来、信仰の島として崇められ西国第三十番札所の宝厳寺があり本堂(弁財天堂)には、本尊の弁財天が安置されます。都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ:竹生島神社)は入母屋造りの本殿(国宝:桃山期)があり本殿の天井画、襖絵は狩野派の筆と伝えられ唐門(国宝:桃山期)や五重石塔(重文:鎌倉期)など多くの桃山文化の粋を集めた文化財を有しています。竹生島へは長浜港、今津港、彦根港、飯浦港から出港する航路があります。因みに竹生島は無人島です。

出立するとです・・・

急行で京都駅へ(近鉄桃山御陵前駅)

京都駅でつ・・・

特急「しなの:383系」

長浜行き新快速(223系)が到着したとです・・・

JR瀬田川鉄橋北側が琵琶湖、南側は瀬田川

長浜駅に到着・・・

長浜城(歴史博物館)

長浜〜竹生島航路の船が入港・・・

高速船「リオ グランデ丸」に乗船するとです・・・

長浜港を定刻(AM・11:30)通りに出航!

スゲ〜!さすが高速船!!風も強く水しぶきが後部デッキに吹き込むとです!(@_@)他の乗船客は船室に退避・・・最後迄いたのは二人だけでした〜(>_<)

雄大な母なる琵琶湖・・・竹生島が近付いてきまつた・・・\(●⌒∇⌒●)/

ひょっこりひょうたん島に見えますがな!!!Pちゃん曰く「木が枯れている・・・ナンデ?」 島の東側(右)が特にひどい!川鵜などの大量発生が原因?!

強風でちと揺れましたが船酔いもなく無事に竹生島に着いたとです・・・

湖底深井「瑞祥水(ずいしょうすい)

本尊・弁才天の託宣により平成14年(2002年)11月に掘られた霊泉です。昭和62年(1987年)頃より川鵜の異常繁殖によって緑樹は枯れ、山崖は崩れ全島にわたって大被害を受け山の保水能力が下がり、湧水が枯れ果て飲料水や環境衛生の確保も困難という事態になりました。夢枕でここに井戸を掘れとの弁才天のお告げがあったとか・・・しかし、湖中の小島での井戸工事は前例が無く通常の井戸の観点より考えれば水が出る可能性は低いと言われ更に花崗岩の一枚岩盤の島なので、その工事さえも困難が予測される工事でしたが約1年の工期をかけ井戸を深さ約230m(湖底下約130m)まで掘ったところ清浄水が湧き出しました。

「琵琶湖八景 深緑竹生島の沈影」の竹生島

いきなり急な石段!(@_@;)

湖底深井「瑞祥水」 マイウ〜!

宝厳寺までは「祈りの階段」と言われる165段の急な石段が続きまつ・・・

護摩

宝厳寺(ほうごんじ:日本三弁才天・西国三十三ヶ所第三十番札所)

神亀元年(724年)聖武天皇が、夢枕に立った天照皇大神より「江州の湖中に小島がある。その島は弁才天の聖地であるから、寺院を建立すれば国家泰平、五穀豊穣、万民豊楽となるであろう」というお告げを受け、僧・行基を勅使として遣わし、堂塔を開基させたのが始まりです。行基は早速に弁才天像(大弁才天)を彫刻し本尊として本堂に安置しました。安芸の厳島、相模の江ノ島と共に日本三弁財天の一に数えられる最古の弁財天です。翌年、観音堂を建立し千手観音像を安置しました。開基以来、天皇の行幸が続き、伝教大師、弘法大師なども来島して修業されたと伝えます。豊臣秀吉から多くの書状、宝物が寄贈されています。慶長8年(1603年)、太閤秀吉の遺命により秀頼が豊国廟より桃山時代の代表的遺構である観音堂や唐門などを移築させたと伝えますが唐門は伏見城遺構説があります。

鐘楼

本堂(弁財天堂)・・・本尊の弁財天は日本三弁財天の最古とされ大弁才天とも言われる。

五重石塔(重文:鎌倉期)、三重塔

五重石塔は五層の仏塔で地・水・火・風・空の五大を模っています。高さ247cm。石材は滋賀郡山中から採れる小松石です。初重塔身には四仏が彫られています。初重以上の屋根はその上層軸部と一石彫成となり上に相輪をあげた形式は鎌倉中期の石塔の特徴を示しています。三重塔は釈迦の遺灰を納めた仏舎利塔を形どったものとされ平成12年(2000年)5月、江戸初期に焼失したと言われる「三重塔」を、約350年ぶりに復元されました。古来の工法に基づいて建立され四本柱に32体の天部の神々を描き、四方の壁に真言宗の八人の高祖を配しています。

不動明王像・・・前には布袋さまか?(爆)

五重石塔(重文:鎌倉期)

モチノキ、三重塔へは更に階段をテチテチ・・・

豊臣家所縁のモチノキ

慶長8年(1603年)、豊臣秀頼の命を受けた普請奉行・片桐且元が観音堂、唐門、渡廊下を移築した時に手植えされたものです。片桐且元は豊臣秀頼の後見役で賎ヶ岳合戦で七本槍の一人として名をあげ秀吉の下で検地・作業奉行として活躍し秀吉亡き後に家康により豊臣色を薄める政策が執られ豊国廟の縮小を余儀なくされ秀頼は、その遺構を残すべく片桐且元に移築の命を与えました。

片桐且元手植えのモチノキ

三重塔と芭蕉の木(実のならないバナナの木)

雨宝堂

経塚

西国三十三ヶ所観世音奉安殿

唐門(国宝:桃山期)、観音堂(重文:桃山期)

唐門とは唐破風をもつ門を言い豪華絢爛とされる桃山様式の唐門の代表的遺構です。この唐門は京都の豊国廟の正門に使用されていた極楽門が移築されたと伝えますが伏見城から移築されたという説もあります。移築工事は慶長8年(1603年)、豊臣秀頼の命により片桐且元を普請奉行として行われました。観音堂は千手観世音菩薩が安置され西国三十三ヶ所の第三十番の札所です。観音堂は傾斜地に舞台造り(懸造り)で建てられ天井裏にも桃山期の絵天井の名残が見られます。

観世音菩薩像

石段上からの琵琶湖の絶景!

唐門(国宝:桃山期)、観音堂(重文:桃山期)

唐門(国宝:桃山期)

桃山様式の豪華絢爛な唐破風の彫刻・・・★伏見城⇒(豊国廟?)⇒竹生島説あり
桃山様式の豪華絢爛な唐破風の彫刻

十六羅漢の一「おびんずるさま(撫で仏)」

神輿

豊臣秀吉の御座船「日本丸」から作られた舟廊下(国宝:桃山期)

観音堂から都久夫須麻神社に続く渡廊を舟廊下と言い朝鮮出兵のおりに秀吉の御座船として作られた日本丸の廃材を利用して作られた事から、舟廊下と名付けられ唐門、観音堂と同時期に桃山様式で作られたもので国宝(桃山期)に指定されています。

舟廊下(国宝:桃山期)・・・船底のような天井でつ・・・

舟廊下(国宝:桃山期)には千社札が沢山貼られているとです・・・さすが三十番札所?!(*≧m≦)プッ

観音堂、舟廊下は懸造り

都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ:竹生島神社)

市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)、宇賀福神(うがふくじん)、浅井比売命(あざいひめのみこと)、竹生島龍神の四柱を祭神とし本殿は総桧皮葺、入母屋造りで正面には向殿が設けられ国宝(桃山期)に指定されています。明治4年(1871年)の神仏分離以前は、竹生島明神、または竹生島弁財天社と呼ばれ宝厳寺を別当としました。創建以来、度重なる火災で焼失しましたが戦国時代に再建されました。慶長8年(1603年)、豊臣秀頼が伏見城の勅使殿(日暮御殿)を移築したもので本殿内の天井画60枚は狩野永徳光信の作です。金蒔絵(高台寺蒔絵)が施され要所には精巧な金の金具が打たれた黒漆塗りの桂長押など豪華絢爛な桃山文化の贅が尽されています。

本殿(国宝:桃山期)・・・伏見城勅使殿(日暮御殿)を移築されました。

纛旗(とうき)?神旗??錦旗???

竹生島竜神拝所

鎧武者?!甲冑

竹生島竜神拝所

竜神様に向かって祈念したカワラケを投げ無事に鳥居を潜らせると満願成就だとか?!(@_@;)

弁天様出現?おっと、Pちゃんでつ!(*≧m≦)プッ

唐門(国宝:桃山期)、観音堂(重文:桃山期)

竹生島港の眺望・・・お参りも無事に終了し下山中・・・

おっと!竜神様!(;^_^A おいおい

港からの宝厳寺石段、唐門(国宝:桃山期)、観音堂(重文:桃山期)眺望・・・

竹生島港

彦根航路のライオンズ印の船が入港・・・

長浜航路の船も入港・・・

入港した船の眺め

「お〜い、船が出るぞ〜!」

いざや、いざ!乗船しまつ・・・

「さよう〜な〜ら さよう〜なら〜 元気でい〜て〜ね〜♪」と竹生島港を出港!

「わ〜れは湖(ウミ)の子 さ〜すら〜いの〜♪(琵琶湖就航の歌)」・・・マザーレークと称される母なる琵琶湖・・・竹生島が小さくなって行くとです・・・

長浜城

約30分の航湖?を満喫し長浜港に入港・・・

滋賀県の「みずすましU丸」

長浜港に着岸しまつた・・・高速船「リオ グランデ丸」と船頭のPちゃん?!(*≧m≦)プッ

Tourist  2005.06.13(M)

 

関連コラム

Pちゃんズの近江紀行「太閤さんの城下町・長浜編」

Pちゃんズの近江紀行「太閤さんの城下町・長浜編」

Pちゃんズの近江紀行「湖都周遊編」

Pちゃんズの近江紀行「湖都周遊編」

Pちゃんズの近江紀行「烏丸からすま半島編」

Pちゃんズの近江紀行「烏丸からすま半島編」

近江紀行「秀吉の城下町・長浜」

近江紀行「秀吉の城下町・長浜」

近江紀行「井伊家35万石の城下町・彦根」

近江紀行「井伊家35万石の城下町・彦根」   きらら坂ウォーキング散策

三条大橋〜逢坂山峠越え・・・東海道歩(ほ)っこ〜り探訪

三条大橋〜逢坂山峠越え・・・東海道歩(ほ)っこ〜り探訪

Pちゃんズの延暦寺散策

Pちゃんズの延暦寺散策

宇治川、瀬田川(宇治川ライン)「宇治川編」

宇治川、瀬田川(宇治川ライン)「宇治川編」

宇治川、瀬田川(宇治川ライン)「瀬田川編」

宇治川、瀬田川(宇治川ライン)「瀬田川編」

 

Pちゃんズの古都珍道中記 Pちゃんズの古都珍道中記

 

洛雅記 洛雅記2005年探訪コラム

 

inserted by FC2 system