古都湖都 近江・浜大津

 

名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな 三条右大臣・藤原定方 

 

寺田屋〜吉利倶(キリク)八幡宮〜月心寺(走井)〜旧東海道本線・逢坂山隋道東口〜浜大津港〜琵琶湖〜伏見

 

坂本龍馬、お龍ゆかりの旅籠・寺田屋
竜馬通り商店街 黄桜カッパカントリー記念館と酒蔵 伏見名水・伏水
新撰組局長・近藤勇が銃撃された伏見街道墨染辺り 大岩街道(府道35号線)
旧東海道本線

明治新政府は、維新後の不安定な社会情勢の下で富国強兵、殖産増強の国是を推進するために鉄道建設が急務と判断した。明治2年(1869年)11月、東京〜京都間の幹線。東京〜横浜間、琵琶湖〜敦賀間、京都〜神戸に至る鉄道建設を決定した。明治5年(1872年)9月12日(太陽暦:10月14日)、新橋〜横浜間開業を皮切りに明治7年(1874年)5月11日に大阪〜神戸間、明治10年(1877年)2月5日には大阪〜京都間の開業と順調に路線拡大していった。しかし、折から勃発した西南戦争の影響などで財政難に陥り、鉄道建設の一時中止を余儀なくされた。明治13年(1880年)7月14日、明治天皇臨御の元、開通式を挙行、翌15日に京都〜馬場(現・膳所駅)〜大津(現・京阪浜大津駅)全線が開通しました。そして最急行が走破するなど華やかな時代を迎えました。明治22年(1889年)、東海道本線・彦根駅、近江八幡駅を経由するルートが完成し、新橋〜神戸間が全線開通しました。大正10年(1923年)、現在の東海道本線のルートである京都〜膳所間が開通するまでは京都駅〜稲荷駅〜山科駅〜大谷駅〜馬場(膳所)駅が東海道本線のルートでした。この線区は非常に難工事(山間部を通過する初の鉄道でトンネルの掘削や丘陵部の切削、築堤など)を伴い、当時としては大掛かりな土木工事でしたが、それまで外国人に依存していた建設工事を全て日本人の手によって完成させました。急曲線、急勾配の連続に禍いされ大正4年(1917年)から路線変更工事が開始され現・東海道本線ルートが完成したと同時に廃線の運命を辿りました。

大岩街道(府道35号線)の谷口町交差点ルートは旧東海道本線のルートでした。
旧東海道本線は谷口町交差点〜勧修寺まで大岩街道(府道35号線)になっています・・・
勧修寺手前の峠辺りから名神高速道路へ吸収されている。 宮道(みやじ)神社(宮道ニ所明神) 由緒碑
吉利倶(キリク)八幡宮(山科・勧修寺)

仁寿3年(853年)の勧請で応神・仲哀天皇・神功皇后を祭神とし勧修寺、小野の産土神です。昔、境内の老杉が風で倒れ板にすべく裁断したところ木面に阿弥陀如来の種子(梵字)「吉利倶:キリク」の3文字があった。その板を建てた事に因んで吉利倶八幡と称しました。

三条右大臣藤原定方の歌碑 吉利倶(キリク)八幡宮(山科・勧修寺) 天満宮
本殿 こま札
勧修寺 勧修寺前の道標石 名神高速道路(旧東海道本線)を東へ・・・
旧東海道本線・山科駅跡 旧東海道本線・山科駅跡
旧東海道線山科駅跡解説 名神高速と旧東海道線の大まかな路線図 名神起工の地解説
名神起工の地碑 旧東海道本線跡
旧東海道本線跡 大宅一里塚@奈良(大津)街道 旧東海道本線跡
大宅の一里塚を過ぎた辺りから旧東海道本線は名神高速道路北、西側の小山大宅線(新奈良街道)を緩やかなS字を描きながら走っていました。
旧東海道本線・大塚信号所

東海道新幹線〜妙見寺道辺りは山を切り開いた凹面(複線)の切り通しでしたが、大正2年(1913年)に大塚信号所が設けられた。蒸気機関車の登坂能力のほぼ限界とされる25/1000‰(パーミル)という急勾配の上、明治44年(1911年)複線化している区間に信号所を設けるのは稀で、信号所は上下線間の渡り線、上り勾配側(上り線)後方に引き上げ線という構造ですが、大塚辺りは山裾野が迫る地形から引き上げ線は谷側に引き出されたので妙見寺前の石鳥居奥に信号所引き上げ線遺構と伝える僅かなレンガ積みを見る事ができる。通常の運行で大塚信号所に停車する列車はなく、引き上げ線はあくまで予備的施設で複線化によって輸送能力を増す為に列車本数増加に伴って閉塞区間を短縮し線路容量増大の為に信号所が設けられたが、旧山科駅〜大谷にかけての約5.5kmも連続する25/1000‰(パーミル)の急勾配区間の途中で給水・石炭施設を必要とした?機関車の方向転換?後補機関車の準備?など諸説もある。大正10年(1921年)、京都〜大津間の路線変更に伴って廃線となり消滅した。

旧東海道本線跡 眼病完治を願う人々に信仰されてきた妙見寺 大塚信号所の遺構と伝えるレンガ積み
東海道新幹線〜妙見寺道辺りは山を切り開いた凹面に大塚信号所が設けられていた。
橋の上から新幹線を見下ろせます。(*^-^*)・・・爆走する下りのN700系 旧東海道本線跡
至福のひととき?!(*´ο`*)=3ホッ 旧東海道本線跡
名神東IT辺りに現存している旧東海道本線跡の道・・鉄路は名神東ITから名神高速道路のルートと重なって大津方面へ伸びていった。
京阪電車・京津線 ・・・ 京阪電車・追分駅
・・・ 不動明王が祀られて傍らに地下水が湧いているようです・・・
京津線の主力車両・800系 追分付近で京阪京津線、国道1号線に合流
名神高速道(旧東海道本線)と京阪京津線 道標石 名神高速道(旧東海道本線)と京阪京津線
月心寺 第13代・成務天皇の産湯にも用いられた走井 大津算盤の始祖・片岡庄兵衛邸
大津算盤の始祖・片岡庄兵衛邸 旧東海道 蝉丸神社
逢坂山に使われていた車石 こま札・車石 逢坂常夜灯と逢坂山峠
旧東海道・逢坂山関跡

平安時代に不破(岐阜県)、鈴鹿(三重県)と並ぶ三関であった逢坂山関は都と東国、北国を結ぶ東海道、北国街道などが集中する交通の要衝で古来、貴族や武将、文人墨客(ぶんじんぼっきゃく)がこの道を通過、この関所や峠を題材にした作品が万葉集や古今集に多く残っています。また、大津八景「関寺の晩鐘」、「逢坂の暮雪(ぼせつ)」として有名ですが実際に関所があったのは、記念碑から少し大津寄りの関寺跡(長安寺)付近ではないかとも思われている。

逢坂山関跡 逢坂常夜灯と逢坂山関跡碑 植林の功績を顕彰した「貴田市兵衛翁碑」
逢坂山関の解説 現在地マップ
峠を越えると快適なダウンヒル〜 o(*^▽^*)o 名神高速道路(R1号線) 間もなく浜大津(; ̄ー ̄A
旧東海道本線・逢坂山隧道(トンネル)

京都から敦賀へ、また東京への延伸計画の一環として京都〜大津間の鉄道が建設されたが、京都市内と琵琶湖との標高差が約45mもある勾配区間でした。旧線は東山山塊を避けながら鴨川左岸を南下し稲荷山と大岩山の鞍部を超え、山科盆地に下り込み勧修寺の北側を抜けて旧山科駅に達した。さらに逢坂山を目指して急勾配に挑んだ。このように大きく迂回してまでも標高を稼ぎトンネル延長を最短距離にしようとした最大の難所が逢坂山トンネルでした。先に開通した阪神間の天井川をくぐる3ヶ所のトンネルは、いずれも開削工法だったが逢坂山トンネルは鉱山坑道技術が発揮された手堀りによる我が国最初の664mという本格的な山岳トンネルです。しかも日本人のみで掘削された土木史上画期的な工事だった。・・明治13年(1880年)の開業以来、明治44年(1911年)の全線複線化を経て長い間東海道本線の一部として重責を担ってきたて旧路線は京都〜馬場間16kmのうち25‰(パーミル)の急勾配区間が約10kmにも及び列車速度、牽引車両数の大きな制約となり輸送力改善が検討された。大正10年(1921年)8月1日、最急勾配10‰(パーミル)に緩和された東山トンネル、新逢坂山トンネル経由の現在線に切り替えられて旧線は廃止となった。

旧逢坂山隧道東口から国道1号線方向へ 旧逢坂山隋道 解説
旧逢坂山隋道東口(上り線) 旧逢坂山隋道東口(下り線)
三条実美による「楽成頼功」と刻まれた石額 旧逢坂山隧道東口(下り線)の内部・・・涼しいでつ! (*´ο`*)=3ホッ
蓮如上人所縁の安養寺 うなぎの生簀 旧東海道本線の煉瓦造の橋台擁護壁跡
築堤(国道1号線)下のアーチ・音羽台一号橋 内部は独特なレンガ積み・ねじりまんぼ 大津宿本陣跡
解説 旧東海道(R161号線)を併用軌道とする京阪・京津(けいしん)線
京阪浜大津駅(旧東海道本線大津駅) 浜大津港エリアは大津城跡 浜大津港
後部外輪(パドル)船・ミシガンの精巧な模型 浜大津港
琵琶湖を渡ってくる風が涼しい(*´ο`*)=3ホッ 琵琶湖最大の大型豪華客船・ビアンカは洗練されたスタイリッシュな船形 (^O^)/
初めて見たmegumi丸 はっけん丸発見?!(^▽^;) 消防艇・おおつ丸
なぎさ公園(なぎさのプロムナード) 水上ブルトーザー?? 繁殖している藻や水草を取り除いています・・
合理的に水草を刈り取っていきますが、ヘドロの影響かドブ臭〜い悪臭が・・(>_<) 
明智左馬之介湖水渡りのところ碑

明智光秀が織田信長を討って間もなく、羽柴秀吉に敗れ、伏見小栗栖で襲撃に倒れました。天正10年(1582年)6月14日、安土城を守っていた光秀の女婿・明智秀満(左馬之介)は光秀の敗死の報を受け、急ぎ坂本城に向かいました。途中、打出浜あたりで秀吉軍の先鋒・堀秀正の軍を避け、馬を湖に乗り入れ、唐崎で上陸して坂本城に入ったと伝える。

明智左馬之助湖水渡りのところ碑 琵琶湖文化館・・現在、閉館中。
Mother Lake 母なる湖・琵琶湖と比叡山 ズ〜ム
キララと琵琶湖・・湖面を渡る風が涼やか〜で気持ち良か〜o(*^▽^*)o
石場の常夜灯(灯台)

江戸時代、大津港には、幾つもの関(荷揚げ場)があり、多くの船が発着していましたが、航路の目印となる常夜燈(灯台)が湖岸に立っていました。琵琶湖文化館前の常夜燈は、「石場の常夜燈」と呼ばれ、石場〜矢橋(やばせ)間の渡船の目印とされました。弘化2年(1845年)の建立です。高さは8.4mと大型で、各所に精巧な細工が施されている。

デカ〜! (@_@;) 石灯籠・・石場の常夜灯(灯台) 沖合いをミシガンが航行ing・・ 夏は琵琶湖にかぎりますな〜(^^ゞアシカラズ
雄大な琵琶湖 キララとミシガンの記念撮影! (^-^)v ミシガンと霊峰・比叡山
さっ、日暮れまでに伏見へ帰ろう・・(^▽^;) テラス席のあるカフェレストラント ビアンカ
ミシガンは、後部外輪(パドル)船で全長59.0m、幅11.7m、深さ2.1m、喫水1.0m、船質は銅、総トン数939.74トン、最高速力8.65ノット(約18km)
浜大津港 出航準備中のミシガン
ミシガンの出航セレモニーを演出する浅井三姉妹のお江ちゃん、お茶々ちゃん、お初ちゃん・・暑いやろな〜(;´д`)ゞ
ミシガンナイトクルーズが定刻通りに出航!!! 浅井三姉妹がお見送り! いってらっさ〜い!!!(@^^)/~~~
後部外輪(パドル)全開!!!o(*^▽^*)o 高速船・ランシング ヨットハーバー
4両編成の電車が路面を走るのは珍しい?! 京阪浜大津駅(旧東海道本線大津駅) 大津宿本陣跡辺りから専用線路へ・・・
JR琵琶湖線(東海道本線) 国道1号線を京都へ・・・ シングルアームパンタ京津線の主力車両・800系
・・・ 関蝉丸神社上社 ・・・
逢坂常夜灯と逢坂山関跡碑 大谷を通過・・・ 追分辺り
大津街道(旧東海道) 大津街道(左)、旧東海道分岐@追分道標 国道1号線
・・・ 山科川遊歩道を南下ing・・・
外環状線・観月橋交差点 幕末の風情を今に残す酒蔵・・龍馬も慎太郎も闊歩しただろう・・・
酒蔵 伏見土佐藩邸跡
キザクラかっぱカントリー 洛南最大のショッピングゾーン・大手筋 ふれあいロード・風呂屋町

Tourist  2011.07.25(M)

 

関連コラム

古都湖都 One day

古都湖都 One day

旧東海道本線(稲荷駅〜馬場:膳所駅〜大津駅)チャリ探訪

旧東海道本線(稲荷駅〜馬場:膳所駅〜大津駅)チャリ探訪

近江紀行「安土歴史街道チャリチャリ探訪」

近江紀行「安土歴史街道チャリチャリ探訪」

Pちゃんズの近江紀行「南湖周遊」

Pちゃんズの近江紀行「南湖周遊」

Pちゃんズの近江紀行「沖つ島山、秀次43万石の城下町・八幡探訪」

Pちゃんズの近江紀行「沖つ島山、秀次43万石の城下町・八幡探訪」

洛雅記トップへ

三条大橋〜逢坂山峠越え・・・東海道歩(ほ)っこ〜り探訪

近江紀行「秀吉の城下町・長浜」

近江紀行「秀吉の城下町・長浜」

近江紀行「井伊家35万石の城下町・彦根」

近江紀行「井伊家35万石の城下町・彦根」

Pちゃんズの近江紀行「湖と周遊編」

Pちゃんズの近江紀行「湖都周遊編」

Pちゃんズの近江紀行「烏丸からすま半島編」

Pちゃんズの近江紀行「烏丸からすま半島編」

Pちゃんズの近江紀行「竹生島編」

Pちゃんズの近江紀行「竹生島編」

Pちゃんズの近江紀行「太閤さんの城下町・長浜編」

Pちゃんズの近江紀行「太閤さんの城下町・長浜編」

桃山、山科・・・洛東探訪

桃山、山科・・・洛東探訪

桃山、醍醐の史跡探訪

桃山、醍醐の史跡探訪

伏見クローズアップ散策のメニューページに戻る

華の道

上醍醐散策その1

山の華道(はなみち)1

上醍醐散策その2

山の華道(はなみち)2

古の道(いにしえのみち)

古の道(いにしえのみち)

明智越え

明智越え

伏見醍醐界隈

伏見醍醐界隈

 

戻る 洛雅記2011年探訪コラム

 

inserted by FC2 system