洛西花めぐり

 

乙訓の 都は狭き 夏野かな 木母庵

 

鳥羽水環境保全センター(鳥羽の藤)〜乙訓寺(ボタン)〜長岡天満宮、八条ヶ池(キリシマツツジ)

 

鳥羽の藤(120mの藤棚回廊)〜鳥羽水環境保全センター〜

公開エリア(975u)には、2種(ヤマフジ、ノダフジ | 3品種:シロカピタン、ナガフジ、シロバナフジ)37本の藤が植栽されています。・・・鳥羽水環境保全センターでは、市民に親しまれる『藤の名所』として、平成13年から春の一般公開を行い藤棚を公開しています。せせらぎ広場からグリーンアドベンチャーにかけて咲く藤の散策を楽しめます。平成3年、福島県白河市から苗圃で10m程に成長したノダフジ33本を取り寄せ、グリーンアドベンチャー内に植栽され120mの見事な藤棚回廊となっています。 ☆ヤマフジ:花が大きく香りが強いが花房は10〜20cmと短く、葉はやや厚みがありツルは上から見て左巻き。ノダフジと比して開花が早く見応えがある。別名:花美短(カピタン)ち呼ばれ、主な種類は白花美短(シロカピタン)、紫花美短(ムラサキカピタン)、アケボノ花美短(カピタン)などがある。公園内には、シロカピタン2本が植栽されている。☆ノダフジ:ツルは上から見て右巻きで花は小型ですが花房は長く20〜60cmですが、中には九尺藤と言って2m近いものもある。一品仕立て、鉢植えもできるがツルが伸びやすいので棚作りに向き、古来各地に藤の名所や銘木がある。公園エリアでは、ナガフジ:29本、シロバナフジ6本の2品種が植栽されています。

城南宮(方除、鬼門除の神) ☆地図

城南宮の由緒は、上古の時代、神功皇后は出陣に当たり、軍船の御旗に八千矛神を招き寄せて戦勝を祈願され、戦が終わると御旗は宮中で大切に保管されていました。桓武天皇が平安京に都を定めた時、御旗を城南の当地に御神体として納め、八千矛神(やちほこのかみ=大国主命:おおくにぬしのみこと)、国常立尊(くにのとこたちのみこと)、息長帯日売命(おきながたらしひめのみこと=神功皇后:じんぐうこうごう)の三柱、伊勢、石清水神社など七社が合祀され、都の南を擁護する神として祀られた。御旗の日月星の紋章が城南宮の三光の神紋の由来とされます。

伏見にある造り醤油屋 高瀬川右岸堤防を北上・・ 方避けの社・城南宮
病に霊験があるという菊水若水 境内 ツツジが綺麗

鳥羽水環境保全センター ☆地図

昭和14年4月に稼動開始され敷地面積:460,460u、処理能力(平成22年度末現在):914,000㎥/日という下水処理場として京都市最大の規模で、全国有数の処理能力を有しています。また、施設の改築更新に合わせて高度処理の導入に努めています。吉祥院水環境保全センターと伏見水環境保全センターの汚泥も、ここで処理されています。毎年、GW(例年4月下旬)に、120mの藤棚の回廊とともに施設の一般公開があります。

鳥羽伏見戦が開戦した小枝橋 鳥羽水環境保全センター
春の一般公開で賑わっています! グリーンアドベンチャーの藤棚と芝桜のコラボが美しい!\(●⌒∇⌒●)/
藤の名所は数あれど120mもの藤棚の回廊をめぐれる隠れた藤の名所一番星です?!(^-^)v
上から下から間近から、藤の花を楽しめます!(*゜▽゜)/ 藤棚(藤回廊)487u、延長約120m、ノダフジ17本
えぇなぁ〜(*^▽^*)
下水処理施設(最初沈殿池、反応タンク、最後沈殿池)も見学できます。 藤などの解説
いや〜、間近で藤の花を見ると香りもよくて。。。ブンブン飛び回るハチの気持ちがよくわかる?!(^^ゞ爆 藤棚411u、ノダフジ17本
ここの庭園、藤棚は見事すぎます!年一の公開だけではもったいないな〜
ツツジも見事に咲き乱れています。手入れが行き届いているのでしょうね・・・
藤だけでなく木々の緑も爽やかで眩しいです。
滅多に見れない下水処理施設(最初沈殿池〜反応タンク)もしかと見学・・ここでは空気とバクテリアの反応を利用して分解されます。
下水処理施設(反応タンク)を見学中・・水も大切に使いましょうね!o(*^▽^*)o
第2ポンプ場 第2沈砂池
汚泥を焼却して生成された京石(みやこいし) せせらぎ広場にある庭園とせせらぎ
有名社寺、どこぞの旅館や料亭のような見事な庭園
えぇなぁ〜(*^▽^*) ハナミズキ バス待ちの列
いま少し、藤棚と芝桜の回廊をめぐります・・・
アクア用に京石を2袋頂きました!(^-^)v 桂川に架かる久我橋を渡ります・・
見事なキリシマツツジ ・・・ ・・・
乙訓寺(おとくにじ) ☆地図

大慈山と号する真言宗豊山派寺で推古天皇の勅願により聖徳太子の開創と伝わる乙訓地方最古の寺で境内には2000余株のボタンが植えられ4月下旬には華麗な大輪を咲かせ世にボタン寺とも称されています。境内から奈良時代の遺瓦を出土する為、延暦遷都以前に寺院があった事が想像されます。「水鏡」によれば延暦4年(785年)、皇太子・早良(さわら)親王は淡路島に配流される前に当寺にしばらく幽閉されたとされます。弘仁2年(811年)、弘法大師が当寺の別当に任ぜられ鎮護国家の道場となり、宇多法皇が脱履の始め当寺を行宮とされたので一に法皇寺とも号しました。弘法大師がこの寺に在住している時、伝教大師・最澄がこの寺を訪れて真言について教えを乞うたとも伝えられています。中世には禅宗南禅寺派となり応仁元年(1467年)〜文明9年(1477年)、応仁の乱の兵火により焼失衰微しましたが元禄6年(1693年)、徳川綱吉の生母・桂昌院の援助により再び真言宗として再興しました。本堂に安置される本尊合体大師像は弘法大師と八幡菩薩の合作と伝わり毘沙門堂には毘沙門天立像(重文:藤原期)を安置し明応2年(1493年)の修理銘を墨記した狛犬(室町期)が一対あります。中世を延暦13年(794年)、平安京遷都〜慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦い迄の時代範囲としています。

・・・ 一文橋 薬医門(乙訓寺)
奈良・長谷寺から取り寄せた2株のボタンが始まりと伝える2000余株のボタン
乙訓八景の一「ぼたんの乙訓寺」
境内に咲き誇る2000余株の大輪のボタンは見頃! (^0^)ノ イェ〜
仏石塔と供養塔 えぇなぁ〜 (@^▽^@)
Beautiful!!!(・_・)☆ヾ(^^ ) 欧米か?!
ボタンは直射日光、風雨に大変弱く日傘など大切に育てられている。
本堂・・・参拝しました。O(-人-)O 感謝! 弘法大師所縁のミカンの木
毎年4月下旬〜5月上旬、境内に2000余株のボタンの大輪が色とりどりに美しく咲き乱れます。\(●⌒∇⌒●)/
大切に育てられ色とりどりの大輪の花を咲かせている2000余株のボタン
えぇなぁ〜 (@^▽^@)
帝に献上された弘法大師所縁のミカンの木 悲運の早良親王(さわらしんのう)供養塔 花々が咲き乱れる境内
色とりどりの美しい大輪の花を咲かせるボタンは直射日光、風雨に大変弱く日除け簾、日傘など大切に育てられている。
八重桜の花吹雪や〜\(●⌒∇⌒●)/
八条ケ池(長岡天満宮) ☆地図

寛永15年(1638年)、当時の領主・八条宮智仁親王(桂宮)が灌漑用の溜め池を改造成した大池で八条ヶ池を二分する中堤は参道になっています。中堤道両脇に推定樹齢百数十年の霧島ツツジ(市指定天然記念物)が群生し、八条ヶ池の中堤道の真中道に架かる石の太鼓橋は加賀藩・前田公の寄進と伝えます。

八条ヶ池(長岡天満宮)
長岡天満宮 ☆地図

一に長岡天神ともいい、菅原道真を祭神とします。社伝によれぱ昌泰4年(901年)、道真が筑紫左遷時に随従の中小路祐房に与えた自画像を安置して祀った事が当社の縁起と伝えます。洛南、特に桂川流域には道真の遺蹟、伝説が多くいずれも道真の遺徳を追慕して後に作られたもので当社もその一つです。中世その沿革を明らかにしないが江戸時代に当地が八条宮(桂宮)智仁親王の領地であった関係から同宮の崇敬を受け延宝4年(1676年)、社殿を改築し霊元天皇の勅額を賜りました。現在の本殿は、昭和16年(1941年)、平安神宮の社殿を移築したものです。

ツツジも見ごろやんか〜(^-^)v 八条ヶ池の中堤道の萌え萌えに花咲くキリシマツツジ
えぇなぁ〜 (@^▽^@)
乙訓八景『八条ヶ池とキリシマツツジの長岡天満宮』
毎年、4月下旬〜5月上旬に見事な濃紅色の霧島ツツジが咲き誇ります・・・(^0^)ノ
見事に咲き誇るキリシマツツジ
天満宮へ・・・ 管公の歌碑 境内
天満宮と言えば・・・なで牛さんやね〜、もっと賢くなりますように?! ウシなのにシカとなでなで。。(^^ゞ爆
もっと賢くなりたい人で賑わってます?!(^▽^;) 書道上達を願う筆塚
新緑も爽やかで眩しい季節やな〜
水上橋 コイさん48か?!(^▽^;)
八条ヶ池の中堤道を炎が走っていくように真っ赤に萌え萌えのキリシマツツジ!\(●⌒∇⌒●)/
 えぇなぁ〜 (@^▽^@)
八条ヶ池の風情(^0^)ノ ツツジも負けてません!(^-^)v 天神さんをあとに・・
阪急長岡天神駅 JR神足駅改めてJR長岡京駅(江戸時代の勝龍寺城本丸跡)
村田製作所本社ビル 新幹線沿いを北上 おやっ・・この道って。。。(;¬_¬)
久我畷(なわて:縄手)

鳥羽作り道(鳥羽離宮)と西国街道(山崎駅)を直結する直線道でした。久我畷と言われるのは、後世になってからで当初は京道(山崎道)と言われたようです。ともに平安京遷都後に造られた計画道と伝える。・・・伏見区久我から南西方向の乙訓郡大山崎町へ向かう耕野の中の一筋道。北東へ桂川、鴨川を渡ると秋山付近(鳥羽離宮)で上鳥羽からの鳥羽作り道の南延長に合し、南西は山崎駅(うまや)に向かう為、平安初期に山陽道の一部として作られたと伝える。資料上の初見は『太平記』で元弘3年(1333年)4月27日、六波羅勢(北条勢)の名越尾張守高家は7,600余騎の軍勢を久我畷一帯に布陣、足利尊氏と共に後醍醐天皇方の軍勢を迎え撃った。この戦いの高家の奮戦ぶりは、見事なものであったが惜しくも赤松円心一族の佐野左衛門三郎範家の矢に射られ、壮絶な最後を遂げた。六波羅勢(北条勢)は赤松勢に対するが、路幅が狭く、両際が低湿な深田の為、この付近での合戦を避けた事なども記す。また天正10年(1582年)6月13日、明智光秀の軍勢は羽柴秀吉との天王山の戦いに敗れて久我畷を経て敗走するなど古来、幾多の戦場になった所とも伝える。久我畷は低湿地であるがゆへ通行が難儀で、江戸時代には消滅し始めたとも伝え現在、東海道新幹線、名神高速道路、国道171号線、工場、住宅開発など(特に長岡京スポーツセンター〜小畑川の落合橋)で寸断され遺構破壊が著しい。※畷とは・・・縄手とも記される盛り土で作られた道の事で、土手道、田の中の細道、あぜ道、なわてじ、なわて道、まっすぐな長い道という意味がある。

以前に久我畷を探索した時に数頭の獰猛犬が放し飼いされていたので通行できなかった危険地帯や〜・・今は整備されて通行可能!(^-^)v
北東⇔南西にまっすぐに伸びていた久我畷 桂川右岸の羽束師グラウンド 桂川
Pちゃんのバースデーケーキなど買いました! 大手筋商店街 風呂屋はないけど風呂屋町通り(≧▽≦)ぷっ

Tourist.2012.4.30(M)

 

関連コラム

洛西、西山花めぐり 洛西、西山花めぐり

柳谷観音寺(楊谷寺)、浄土谷花めぐり

柳谷観音寺(楊谷寺)、浄土谷花めぐり
柳谷観音寺(楊谷寺)、浄土谷 オブ ちゃりビアン 柳谷観音寺(楊谷寺)、浄土谷 オブ ちゃりビアン 西山チャリ探訪 西山チャリ探訪
「乙訓(おとくに)八景」花めぐりPartT 「乙訓(おとくに)八景」花めぐりPartT 「乙訓(おとくに)八景」花めぐりPartU 「乙訓(おとくに)八景」花めぐりPartU
伏見、久御山、八幡の洛南名残り桜めぐり 伏見、久御山、八幡の洛南名残り桜めぐり 桜花つれづれ・・・背割堤(剣先)、伏見水郷めぐり 桜花つれづれ・・・背割堤(剣先)、伏見水郷めぐり

乙訓、八幡歴史街道散策

乙訓、八幡歴史街道散策

桜花繚乱・・・背割堤、石清水八幡宮散策

桜花繚乱・・・背割堤、石清水八幡宮散策

浄土谷、楊谷寺(柳谷観音)散策

浄土谷、楊谷寺(柳谷観音)散策

丹波街道・善峯寺道散策

丹波街道・善峯寺道散策

金蔵寺道・小塩山(大原山)散策

金蔵寺道・小塩山(大原山)散策

「山陰街道・史跡めぐり」散策

「山陰街道・史跡めぐり」散策

「竹の径・古墳めぐり」散策

「竹の径・古墳めぐり」散策 西国街道「ちょっと長岡京」散策 西国街道「ちょっと長岡京」散策

山城散策

山城散策

流れ橋、八幡散策

流れ橋、八幡散策
西国街道「天下覇道」散策Part1 西国街道「天下覇道」散策Part1

西国街道「天下覇道」散策その2

西国街道「天下覇道」散策その2

西国街道「長岡京道」散策その1

西国街道「長岡京道」散策その1

西国街道「長岡京道」散策その2

西国街道「長岡京道」散策その2

鳥羽の造り道:楽水編

平安京道「鳥羽の造り道:楽水編」散策

平安京道「鳥羽の造り道:羅生門編」散策

平安京道「鳥羽の造り道:羅生門編」散策

浪漫ちっく華街道

浪漫ちっく華街道

伏見一の名園!!!楽水苑の華繚乱:スライドショー

城南宮の「楽水苑」

雅の杜〜絢爛の山散策

絢爛の華道

鳥羽殿の雅散策

雅の里

花・水・木散策

源氏物語ゆかりの華庭

王朝〔貴族〕文化散策

王朝ロマン

 

戻る 洛雅記2012年探訪コラム

 

inserted by FC2 system