稲荷山、朱の迷宮案内

 

いなり山 みねの神杉 神さびつ いくよの人の折 かざしけん 村田晴海

 

伏見の神奈備の山・不思議の稲荷山詣(お山めぐり)・・・

伏見稲荷大社、南谷〜お山めぐり〜藤森神社

 

伏見稲荷大社

稲荷山は、「東山三十六峰」の最南端に位置する霊峰(海抜239.3m)で、古くから三ケ峰と称されてきたように三つの峰が西から東へと段々に高く連なり、これを山麓から仰ぐと、まさしく降臨の地にふさわしい山容をそなえています。欽明天皇が即位(531年又は539年)される前の事について「日本書紀」では次のように書かれています。稲荷大神のご鎮座は秦(はたの)伊呂巨(具)(いろこ(ぐ))によって和銅4年(711年)2月初午の日に、なったと伝えられており秦大津父と伊呂巨(具)との200年足らずの脈絡についてはほとんど不明です。太秦の秦氏族は、記録上では大宝元年(701年)、桂川畔にそびえる松尾山に松尾神を奉鎮、深草の秦氏族は、和銅4年(711年)、稲荷山三ケ峰の平らな処に稲荷神を奉鎮し、山城盆地を中心にして御神威赫々たる大神があたかも鼎立する結果となりました・・・一千年前に清少納言も足を運んだと伝えます。

酒蔵と濠川 伏見の庚申さん・庚申堂 疎水沿いを北上・・・
伏見稲荷大社

欽明天皇が即位(531年又は539年)される前の事について、「日本書紀」では次のように書かれています。稲荷大神のご鎮座は秦伊侶具(はたのいろぐ)によって和銅4年(711年)2月初午の日に、なったと伝えられており、秦大津父とこの伊侶具との200年足らずの脈絡については、ほとんど不明です。太秦の秦氏族は、記録の上では大宝元年(701年)、桂川畔にそびえる松尾山に松尾神を奉鎮、深草の秦氏族は、和銅4年(711年)、稲荷山三ケ峰の平らな処に稲荷神を奉鎮し、山城盆地を中心にして、御神威赫々たる大神があたかも鼎立する結果となりました・・・一千年前に清少納言も足を運んだと伝えます。

伏見稲荷大社神幸道(裏参道) 伏見稲荷大社(表参道)
楼門(重要文化財:桃山期)、東丸神社(あずままろじんじゃ)

楼門・・・天正17年(1589年)、豊臣秀吉の造営とされています。秀吉の母・大政所の病悩平癒祈願が成就すれば一万石奉加すると記した「大病平癒の願文」が伝来し神社の楼門規模としては最も大きいものに属します。昭和49年(1974年)12月14日に解体修理されました。東丸神社・・・稲荷社祠官・羽倉家に生まれた荷田春満(東丸)(1669年〜1736年)を祀っています。荷田春満は、大石内蔵助らに吉良邸の屋敷図を手渡し討ち入りの手助けをしました。僧・契沖に始まる近世国学を発展させて「万葉集」、「古事記」、「日本書紀」研究の基礎を作りました。学業向上、受験合格のご利益があります。

秀吉が造営した楼門(重文:桃山期) 東丸神社 荷田春満(かだのあずままろ)旧宅
社殿 奥の院へ・・・
稲荷と言えば・・・千本鳥居

稲荷の鳥居は社殿と同じく「稲荷塗」といわれ、朱をもって彩色するのが慣習となっています。崇敬者が祈りと感謝の念を奥社参道に鳥居の奉納をもって表そうとする信仰は、すでに江戸時代に興り今日の名所「千本鳥居」となっています。

神官専用の神事用手水井 稲荷山参道へ・・・
千本鳥居は義経千本桜「鳥居前」の舞台

歌舞伎演目で特に人気の高い「義経千本桜」二段の口「鳥居前」の鳥居とは稲荷大社の千本鳥居を指しています。主役は義経ではなく滅び行く平家の武将達を描いています。義経が静に形見として「初音の鼓」を与えた後、静を助ける佐藤忠信が登場しますが実は狐が忠信に変化していました。狐(忠信)は鼓の皮に使われた狐の子である事を明かし親を慕う子の心を思った義経は狐に初音の鼓を与えました。

千本鳥居 千本鳥居は幻想的、神秘的な朱の世界・・・ディープインパクト(#^.^#)
命婦社(みょうぶしゃ:奥の院奉拝所)

本殿の東方、千本鳥居を抜けたお山への上り口、通称「命婦谷」にあり一に「奥の院」の名で知られます。奥の院奉拝所は、お山を遥拝する所で稲荷山三ケ峰は、この社殿の背後に位置します。参道は左右二本あって、両側に鳥居が林立し、あたかもトンネルの有様で「千本鳥居」と称され稲荷大社の名勝となっています。

稲荷山案内図 命婦社(奥の院奉拝所) 神石
おもかる石、奇妙大明神とも言われる膝松さん(根上りの松)

おもかる石・・・灯篭の前で願い事の成就可否を念じて石灯篭の空輪(頭)を持ち上げ、その時に感じる重さが、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶い難しとする一種の神占石です。膝松さん(根上りの松)・・・枯れた松の根で左右二股になっていて、この木股をくぐると神経痛、腰痛、肩コリなどが治ると言われ奇妙大明神とも言います。

おもかる石 稲荷参道の鳥居(三つ辻方面) 膝松さん(根上りの松)
命婦社(奥の院奉拝所) 神寶神社 叶え雛
本殿 竹の下道
竹林を亘る涼風が心地いいo(*^▽^*)o ・・・
弘法ヶ滝社 境内 弘法ヶ滝
杖の池 青木ヶ滝社
天正不動明王 青木ヶ滝 ・・・
七面ノ滝社へ・・・ 七面ノ滝社
七面ノ滝 白菊ノ滝社
白菊ノ滝 御剱ノ滝社 御剱ノ滝
分かれ道(左へ・・・) 末広ノ滝社
末広ノ滝 急峻な南谷斜面の石段を上り、一般参道と合流(*´ο`*)=3ホッ 一ノ峰(上之社神蹟)へ・・・
一ノ峰(上之社神蹟)・・・遠雷が近くになってきて今にも雨が降りそう(~ヘ~;)
雷鳴とともに激しい風雨・・・(>_<)一ノ峰で約30分雨宿り・・何より山上での稲妻と雷鳴が無茶怖い(>_<)
ようやく雨が小降りなったので一ノ峰をあとに 滝のように流れ落ちる雨水(@_@;) まさに「稲荷山十二景図誌・阪道驟雨(さかみちしゅうう)」
清少納言がダウンした200段の石段はウォータースライダー状態?! (>_<)スリップに気をつけて・・・ 刀の手水
御釼社(長者社神蹟)

謡曲「小鍛治」の舞台とされ三条小鍛冶宗近が勅命を受け御剣を打つが、その努力精進が神に通じ稲荷明神が狐の化身となって現れ、宗近の相い打ちをつとめ見事な宝剣を完成させるという話で、その時の名剣を鍛えるのに用いたのが、御身体の岩だと伝えられる。刀鍛冶、刃物業者の信仰が篤い社です。この社は、狛犬で狐ではありません。一対の狛犬は、石造で文久3年(1863年)とあり山中現存の石造で最古と言われています。別名を長者社と言い加茂玉依姫(かもたまよりひめ)を祭神とします。神殿の後に大きな岩石があり、この岩(釼石)がご神体です。

謡曲「小鍛治」の舞台とされる御釼社(長者社)
社殿の裏上に鎮座する釼石(長者社神蹟) 薬力の滝
おせき社、薬力社(薬力の滝)

おせき社・・・風邪、咳にご利益があると言われ葉書にしたためた祈願文が山積みになっています。セキは関所を意味し山頂の一の峰と山科に通じる山道の分岐点にある所から「お関稲荷」と言われたのが関を風邪、咳に附会した信仰になりました。薬力社(薬力の滝)・・・薬の世話にならずに健康に生活をできる事(無病息災)を祈願する社で薬力の滝は稲荷山で一番奥の行場でここからの流は、清明滝の下流で御膳谷からの流と合流し清滝となり、白滝からの流を合流し御壺滝、五社滝となり最後に東福寺通天橋の下を流れる三の橋川となります。

おせき社 薬力社 三の橋川に沿っている清滝社参道
稲荷山経塚、御膳谷奉拝所

稲荷山経塚・・・明治44年(1911年)、7月に春日峠で発見された経塚。土砂採掘中に発見され、礫(れき)で覆った扁平(へんぺい)石使用の小石室状遺構中に東西に並列して2個の陶製外筒がみいだされた。外筒の一つには、経軸、鍍金銀(ときんぎん)製平形合子(ごうす、砂金入り)、銀塊、延金(のべかね)、玉類、古銭などが収められた銀製経筒が入っていた。その周囲からは簪(かんざし)、提子(ひさげ)、和鏡、湖州(こしゅう)鏡、白磁平形合子などが検出された。経塚は、仏教経典や宋経を経筒に収め埋納する一種のタイムカプセル。後に供養、来世利益を目的とするようになった。稲荷山経塚は法華八巻、その他100点にも及ぶ貴重な埋蔵で学会を賑わせた。養和2年(1182年)、後法性寺殿と呼ばれた九条兼実が姉の皇嘉門院聖子の菩提を弔う為と考えられている。(稲荷山経塚 朱十号:稲荷大社編 稲荷経塚) 御膳谷奉拝所・・・御前谷とも記され、稲荷山三ヶ峰の北背後にあたり、往古はここに神饗殿(みあえどの)と御竈殿(みかまどの)があって三ヶ峰に、神供をした所と伝えられています。

やっと発見できた稲荷山経塚発掘址碑  御膳谷奉拝所
おキツネさんに限らず・・な、な、なんとお馬さんもあります(@_@;)
稲荷山案内図 眼力社 お山詣で人気のある狐の手水(眼力社)
大杉社 四つ辻 俳優・N.Kさんの実家・にしむら亭
雨が降ってるのに晴れたり、晴れてるのに雨が降ったり `s(・'・;)・・・さすが、お稲荷さん!キツネの嫁入り?! (^▽^;)爆
田中社神蹟(荒神峰)

権太夫大神と崇められています。この神蹟の後方にまわると景観が開けます。ここでは四ツ辻で見えなかった京都市内中心部〜以北の絶景を拝む事ができます。

・・・ 四つ辻より市内の絶景が拝める荒神峰からの眺め O(^◇^)O ふぉ〜
雨上がりの幻想的な荒神峰(田中社神蹟)
薄日が差してきたのに・・・また雷が(>_<) 四つ辻より市内の絶景が拝める荒神峰「稲荷山十二景図誌・狐巒返景(こらんへいけい)」
雨上がりで空気が澄んで大阪のビル群や伊丹へ着陸していくジェットも見えるヾ(≧▽≦)ノ 四つ辻
・・・ 三つの願いが叶う三徳社 ・・・
大松大神のひょうたん石塔 あの〜写真一枚いいかニャ〜(^▽^;) いいニャ〜ン(^∀^ヾ爆
お産婆稲荷

昔、狐がここでよくお産をしたといわれ狐は稲荷神の神使いとされお産も大変に軽く狐の安産にあやかるべく安産を願う者は、社前の燃え残りのローソクを持ち帰ると陣痛がローソクの短さで済むと言われています。

安産を祈願するお産場稲荷 かっては灌漑池だった八嶋池
大八嶋社

元々、山上の田中社神蹟(荒神峰)にあったものを、中世にここへ移したと伝えます。社殿が無く大八嶋大神石碑があるだけです。

社殿がない大八嶋社 ズブ濡れにならず・・戻ってきました(^-^)v しかし、このあと激しい雷雨がΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
約20分雨宿り(>_<)無事、稲荷大社をあとに・・ 日本最古の鉄道遺蹟・ランプ小屋 Pちゃんの大好物!!! スィートポテトをゲット!(≧▽≦)ぷっ
藤森神社(勝運の神)

神社の創建は平安遷都以前に遡り、神功皇后が三韓征伐より凱旋後、この地に纛旗(とうき)と兵器を埋納した事が起こりと伝わります。早良(さわら)親王は天応元年(781年)、蒙古追討にあたり当社に詣で戦勝祈願されたと伝わり、係る伝承などから祭神は神功皇后を初め、武内宿禰(すくね)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)、別雷(わけいかづち)神、日本武尊(やまとたけるのみこと)、応神天皇、仁徳天皇、天武天皇、舎人親王、井上内親王、早良(さわら)親王、伊予親王と12柱に及ぶ神々を奉祀しています。祭神の中には怨霊と恐れられた井上内親王、早良親王、伊予親王などの名もあり駈馬、相撲、騎射、猿楽などは御霊会において怨霊を鎮める行事だと伝わります。藤森神社としての社名は室町時代以後で、「真幡寸神社」、「藤尾社」、「塚本社」など諸社を合祀して藤森神社とされました。

藤森神社 第一、第二紫陽花苑の3500株のアジサイの花々
えぇなぁ〜(*^▽^*) アジサイと鎧武者
伏見名水「不二の水井」

拝殿

本殿

Tourist  2009.07.06(M)

 

関連サイト
パワースポット稲荷山迷宮案内 パワースポット稲荷山迷宮案内 稲荷山迷宮案内

稲荷山迷宮案内

稲荷山初詣

稲荷山初詣

稲荷山ウォーキング散策

稲荷山ウォーキング散策

稲荷神道散策

稲荷神道散策

竹の下道散策

竹の下道散策

伏見の山水散策

伏見の山水散策

呉竹の里散策その1

呉竹の里散策その1

呉竹の里散策その2

呉竹の里散策その2

呉竹の里散策その3

呉竹の里散策その3

うずらの里、竹の葉山散策

うずらの里、竹の葉山散策

お山巡り

お山巡り

伏見稲荷界隈 

伏見稲荷界隈

Pちゃんズの古都珍道中記 Pちゃんズの古都珍道中記

 

2009年伏見探訪コラム 2009年伏見探訪コラム

 

inserted by FC2 system