古都の秋・東山々麓PartW(ハイライト:総集編)

 

見る人も なくてちりぬる おく山の 紅葉はよるの 錦なりけり 紀貫之

 

東福寺〜即成院〜今熊野観音寺〜京都駅ビル〜八坂神社〜南禅寺〜哲学の道〜法然院〜真如堂〜下鴨神社〜京都御苑〜クリスマスイルミ

 

酒蔵 旧奈良鉄道の鉄橋橋脚跡(レンガ部分) 大石良雄(内蔵助)ゆかりの撞木町遊郭跡
疎水右岸を北上・・・ おけいはん(京阪電車)
東福寺

臨済宗東福寺派の大本山で慧日山(えにちざん)と号します。6万坪(約20万u)に及ぶ広大な境内には本堂以下、幾多の堂舎が甍を並べています。当寺は平安中期以来、藤原氏の氏寺として藤原忠平が建立した法性寺(ほっしょうじ)に関白・九条道家(藤原道家)が聖一国師を請しで開山とし、鎌倉時代の嘉禎2年(1236年)に創立にかかり、19年後の建長7年(1255年)に竣工した九条家の氏寺で奈良の東大寺と興福寺の一字づつを採って東福寺と名付けました。当初は天台、真言、禅の三宗兼学院でしたが後に臨済禅寺となり、室町時代には禅宗五山の一に数えられる大寺となり塔頭子院37宇に及び壮観さは俗に「東福寺の伽藍面(がらんづら)」と言われました。中世の兵火にしばしば、罹災し大半を焼亡しました。更に明治14年(1881年)12月、方丈からの失火によって惜しくも仏殿、法堂、方丈などを焼失しましたが、三門、東司(とうす)、禅堂は類焼を免れました。明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)と失火で荒廃しましたが、現在の仏殿が竣工したのは昭和9年(1934年)で法堂は未だ再建に至っていません。塔頭25、末寺院370ヶ寺を統括します。国宝の三門は応永年間(1394〜1428年)の再建で禅宗寺院三門中では、最古です。

臨済宗東福寺派大本山・東福寺 ・・・ 六波羅門
禅宗寺院便所の古形式を伝える珍しい遺構の東司(重文・室町期) 禅宗三門最古の三門(国宝:室町期)
昭和9年(1934年)再建の仏殿(本堂) 東福寺三名橋・偃月橋(重要文化財:桃山期) 稲荷山から流れを発する三ノ橋川
紅葉は見事な落葉・・・(~ヘ~;) ・・・ 東福寺三名橋の一・臥雲橋(がうんきょう)
御陵衛士(ごりょうえいじ)

慶応3年(1866年)3月16日、新撰組参謀・伊東甲子太郎(いとうかしたろう)は近藤、土方らと思想の違いから藤堂平助、篠原泰之進、加納道之助、斉藤一(間者)ら12名と伴に新撰組を脱退し泉湧寺塔中戒光寺の長老・湛然の仲介によって孝明天皇の御陵衛士(御陵守護の任)を拝命し薩摩、長州の動向を探るという事でした。最初は五条大橋東詰の長円寺に屯所を構え慶応3年(1866年)6月、山陵奉行・戸田大和守忠至の配下となり長円寺から東山の高台寺内の月真院に移り門に「禁裏御陵衛士(高台寺党)」と看板を掲げ勤王、倒幕活動に従事し朝廷より使用を許された十六弁菊の幕を張ったとされます。御陵衛士の活動費は薩摩藩から出ており、一日800文という羽振りの良い生活でした。慶応3年(1866年)11月18日、近藤勇は金子の用立て、国事の相談があると自分の妾宅に伊東を招き酒宴を催し、帰路の伊東を大石鍬次郎らが待ち伏せて槍を以って暗殺した一連の油小路の変で御陵衛士(高台寺党)は大打撃を受けて解散し以降は薩摩藩に身を寄せました。

東福寺三名橋の一・通天橋 御陵衛士之墓(奥左〜毛内、伊東、藤堂、服部) 泉涌寺総門
即成院(そくじょういん)

光明山と号する真言宗泉涌寺派の寺で正暦3年(992年)、恵心僧都が伏見に建立した光明院を始まりとし本尊・阿弥陀如来像を始め二十五菩薩座像が安置され、境内には那須与一の墓と伝えられる石造宝塔があります。寛治年間(1087〜94年)、関白・藤原頼通の第三子・橘俊綱が、荘厳な山荘(伏見殿)造営にあたり当院を持佛堂として傍に移設、伏見寺または即成就院と呼ばれていた。文禄3年(1594)豊臣秀吉の伏見城築城のため、深草大亀谷に移転し、さらに明治に至り、廃佛毀 釈の法難に遭い廃寺となり、本尊諸尊は当院の本山である泉涌寺の仮堂に移された。その後本寺である法安寺である合併、更に明治35年(1902年)、泉涌寺総門の現在地で再興され即成院と呼ばれます。

即成院(泉涌寺七福神めぐり第1番 福禄寿) 境内 与一の手洗い所で禊ます。
「平家物語」屋島合戦のヒーロー・那須与一(なすのよいち)

平家物語、源平盛衰記などで知られる那須与一は栃木県下野の生れで源義経の命により出陣し屋島の戦では平家が軍船上に一竿を建て竿頭に日の丸の扇を掲げ、これを射よとの挑戦に義経は与一に射落とすように命じました。与一は馬を大浪小浪に荒れ狂う海中に乗り入れ扇をめがけて矢を放てば見事に要を射て平家の水軍敗退の因を完遂した与一は、この戦功によって丹波、信濃、若狭、武蔵、備中の五州を受領し下野守に任官し、御礼言上の為に上洛参内した帰途、即成院(伏見桃山)に参篭し武門の名誉を捨て出家し小庵を結び当寺で没したと伝えます。

本堂 那須与一墓所 那須家墓所
悲田院(泉涌寺七福神巡第6番 毘沙門天) ヘリコ飛来!\(●⌒∇⌒●)/
洛中俯瞰・・・愛宕山〜北山〜比叡山、東山も一望 \(◎o◎)/!@悲田院
今熊野観音寺

真言宗泉涌寺派に属し西国三十三ヶ所観音霊場の第十五番札所で創建は定かでありませんが寺伝によれば平安時代、斉衡年間に山本左大臣藤原緒嗣(おつぐ)が伽藍を造営したと伝わります。一説には弘法大師が熊野権現の化身の老翁から一体の観音像を授けられて創立したのが起こりとも伝えます。後白河法皇が新熊野(いまくまの)社を創建された時に当寺を新那智山と称された。本殿背後の墓地には慈円僧正、藤原忠通、長家の墓とされる見事な石造宝塔三基(鎌倉期)があります。

今熊野観音寺参道 一ノ橋川に架かる鳥居橋 子まもり大師
境内 三重石塔(平安期)
本堂 大師堂 日本医学の発展に貢献した人を祀る医聖堂
京都駅ビル(JR西日本)

京都駅ビル(JR西日本)は、日本の鉄道駅舎としては異例の国際指名コンペ方式で行われ、新駅ビル設計者には原広司、安藤忠雄、池原義郎、黒川紀章、ジェームス・スターリング、ベルナール・チュミ、ペーター・ブスマンの7名の建築家が指名された。更なる協議を経て、原広司案が最終案として採用された。京都駅周辺は高さ120mまでの建築物が建築可能となる特例措置が設けられているが、高さ制限の緩和は古都の景観を損なうものとして反対意見も根強かった為、建物の巨大さ、高さに起因する圧迫感を回避し、いかに周辺環境との調和を図るかが作品の評価のポイントとなった。採用された原広司案は、最大高さを60mに抑えた上で、南北方向の道路に合わせて建物を分割して視線を通すなど、圧迫感を回避するような配慮が随所に見られる。 (By Wikipedia)

観音寺俯瞰 ・・・ 京都駅ビル(JR西日本)
京都タワーの写絵? 駅ビル内部 室町小路広場に高さ22mもの巨大ツリー
祇園社(八坂神社)

創建は甚だ古く、諸説多く明らかでないが、斉明天皇2年(656年)2月、我が国に来朝した高麗の調進副・伊利之使王(いりしのおおきみ:八坂氏祖)が朝鮮の牛頭山(ごずやま)に祀る素戔嗚尊(すさのおのみこと)の神霊を移し、子孫代々当社の祀官として奉仕したと伝える事から初め、八坂氏の氏神として創祀されたと思われます。天智天皇の御世、社号を感神(かんじん)院と名付けられ、以来、明治元年(1868年)、八坂神社と改める迄、この社号を用いました。平安初期の貞観年中に僧・円如が播磨国広峰より牛頭天王を勧請し下河原の地に一宇を建てて祇園天神社と号し、朱雀天皇の承平4年(934年)に、傍らに薬師堂を創建し観慶寺と号し、別に祇園寺とも呼んだ為に甚だ紛らわしくなりました。その後、八坂氏が哀徴するに及び中世には、感神院は延暦寺の別院となり、祇園社は日吉の末社となり叡山の僧徒が神輿を奉じて朝廷へ強訴する基地になりました。当社は古来、疫病除けの神として朝野の崇敬篤く、延喜式外社ではあるが、二十二社の内に列せられました。神領は60余ヶ所の多きに及んだが、明治の神仏分離令にあたり寺院を廃し神社のみ残った旧官幣大社です。

高さ22mの巨大ツリー 八坂神社 南参道
楼門 境内 円山公園と言えば・・・しだれ桜
円山公園 o(*^▽^*)oあはっ♪ 国内最大級の知恩院山門
知恩院七不思議の一・瓜生石 えぇなぁ〜 (@^▽^@)
・・・ 神宮道 高さが24.4mもある日本最大級の大鳥居
南禅寺

臨済宗南禅寺派の大本山で正式には瑞龍山太平興国南禅禅寺と号します。文永元年(1264年)、亀山上皇が母・大宮院の御所として造営した離宮禅林寺殿を正応4年(1291年)、離宮を大明国師(無関普門)に寄進し禅林禅寺としたのが開基と伝え、建武元年(1334年)、後醍醐天皇は大徳寺と当寺を五山(天竜、相国、建仁、東福、万寿)の上位に列しました。中世には叡山の僧徒の焼き討ちや応仁の兵火に焼亡し廃絶に帰せんとしたが豊臣秀吉、徳川家康の庇護により復興に及びました。家康の厚い信任を得た塔中・金地院の住持・以心崇伝(いしんすうでん)に負うところが大きく多くの文化財を今に伝えます

琵琶湖疏水の噴水と東山 カメハメハ〜(^^ゞ 巨大な輝き 南禅寺
南禅寺水道橋(水路閣)

明治22年(1889年)、蹴上に発電所が建設され明治24年(1891年)に送電を開始しました。明治31年(1908年)、水力発電の増強、水道用水確保の為に第2琵琶湖疎水の工事が始まり、明治35年(1912年)に完成しました。同時期に蹴上浄水場も建設され赤レンガのアーチ型の水道橋は、橋上部に疎水分線が流れ上水道の水源として利用されています。

歌舞伎・石川五右衛門で有名な三門(重文:江戸期) 南禅寺水道橋(水路閣)
・・・ 最勝院
・・・ 哲学の道 京都では珍しく南から北に流れる疎水分水路
・・・ えぇなぁ〜 (@^▽^@)
・・・ ・・・ 京都市電の敷石が利用されている哲学の道
法然院

寺伝によると、鎌倉時代の初め、専修念佛の元祖・法然房源空上人は、鹿ヶ谷の草庵で弟子の安楽、住蓮と共に、念佛三昧の別行を修し、6時礼讃を唱えました。建永元(1206年)12月、後鳥羽上皇の熊野臨幸中に、院の女房・松虫、鈴虫が安楽、住蓮を慕って出家し上皇の逆鱗に触れるという事件が生じ、法然上人は讃岐国へ流罪、安楽、住蓮は死罪となり、その後、草庵は久しく荒廃しました。江戸時代初期の延宝8年(1680年)、知恩院第38世萬無和尚は、法然上人ゆかりの地に念佛道場を建立する事を発願、弟子・忍澂和尚によって、現在の伽藍の基礎が築かれました。浄土宗内の独立した一本山であったが、昭和28(1953年)、浄土宗より独立し、単立宗教法人となり現在に至ります。

法然院 苔むした侘びな山門 白砂壇(びゃくさだん)
水を表わす砂壇の間を通る事によって心身を清めて浄域に入るという事を意味します。 本堂へ・・・
えぇなぁ〜 (@^▽^@) 仏足石
四面石仏石塔 石塔に彫られた四面石仏
四面石仏 えぇなぁ〜 (@^▽^@)
えぇなぁ〜 (@^▽^@) 哲学の道
真如堂(真正極楽寺:しんにょどう)

正しくは、真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)と号する天台宗の寺院で世に真如堂と言われます。真如堂辺りは、古来、神楽岡と呼れ仏法有縁真正極楽の霊地とされました。当地に寺を開基したのが、戒算(かいさん)上人です。戒算上人は比叡山延暦寺の僧で、永観2年(984年)に延暦寺常行堂にあった阿陀如来像を、神楽岡の東に位置する東三条院藤原詮子(藤原道長の姉)の離宮に移して安置したのが真如堂の起源と伝えます。

真如堂 三重塔 ・・・
紅葉の絨毯も・・えぇなぁ〜 (@^▽^@)
文殊塔(三重塔:金戒光明寺) 大文字山が燃えとるぜよ?! 白川通り
史跡・糺の森(ただすのもり)

糺の森は、高野川と鴨川が合流する三角州地帯の森林を総称します。かつて、約495万u(約150万坪)の原生林でしたが中世の戦乱や明治4年の上知令によって現在の約12万4千u、東京ドームの約3倍に縮小されました。現在、全域を国の史跡として保存されています。旧山代原野の原生樹林の植生を残す唯一の森林で、ケヤキ、ムク、エノキなど約40種、樹齢200年〜600年の樹木約600本が生い茂り樹林の間には奈良の小川、瀬見の小川、泉川、御手洗(みたらし)川の清流があり市民の憩いの場として古くから親しまれています。源氏物語、枕草子を始め数々の物語や詩歌管弦に謳われた名所旧跡です。

世界文化遺産・下鴨神社 史跡・糺の森
旧山代原野の原生樹林の植生を残す唯一の森林と言われる糺の森の紅葉は自然が織りなすハーモニー!☆⌒(*^∇゜)v
えぇなぁ〜 (@^▽^@)
Beautiful!! (・_・)☆ヾ(^^ ) 欧米か?!
世界文化遺産・下鴨神社(賀茂御祖神社:かもみおやじんじゃ)

正しくは賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)と称し祭神は上加茂神社の祭神・別雷命(わけいかづちのみこと)を生んだ玉依姫命(たまよりひめのみこと)と祖父・加茂建角身命(かもたけつぬのみこと)を祀る加茂氏の氏神社です。地勢によって上加茂神社を上社と言うのに対し当社は下社と言いますが行幸、斎王、式年造営などは同日に行われます。両社を称して加茂神社と言います。鎮座地は糺の森の中にあって朱の鳥居や楼門が緑に映えて一しお目立ち、桧皮葺の典雅な社殿と相俟って王朝時代さながらの景観を呈しています。本殿(国宝:江戸期)は三間社、流造り、桧皮葺で上加茂神社本殿と同形式からなる流れ造りの典型で文久3年(1863年)の再建です。他に幣殿を始め55棟からなる多々の社殿(重文:江戸期)は何れも寛永5年(1628年)の造替ですが全体に古式を留め、昔の貴族住宅を偲ばせています。境内には摂社、末社が多く中でも三井神社は「山城国風土記」に記された蓼倉里三身(たでくらのさとみ)社とあるのは当社とされます。井雲井於(いづものいのえ)神社は一に比良木社とも呼ばれ下鴨の地主神ですが厄除けの神としも崇敬され願いが叶うとお礼に柊を献ずる慣わしがあります。御手洗社は井上社とも言い井泉の神瀬織津姫を祀り社前の池で御手洗会、夏越の祓が行われます。河合神社は本社より南、糺の森中に鎮座する摂社の一で玉依姫命と上下加茂社の苗裔(びょうえい)神を祀る延喜式内の大社です。

世界文化遺産・下鴨神社 ・・・
手水舎(御手洗:みたらし)

説明札によると手水舎を御手洗(みたらし)と呼び、糾(ただす)の語源として直澄(ただす)と名付けています。手洗石は神話伝承から舟形の磐座(いわくら)石で、左側の樋には糾の森の主と呼ばれていた樹齢600年のケヤキが使われています。覆屋(おおいや)は伝承の記録をもとに再現した透塀(すきへい)です。京都三大祭の一、葵祭の主役・斎王代(さいおうだい)の斎王代禊之儀(みそぎのぎ)が行われる御手洗池は御手洗社(井上社)前にあります。

樹齢600年のケヤキ桶と舟形磐座(いわくら)石 こま札 ・・・
えぇなぁ〜 (@^▽^@)
葵橋近くの家庭裁判所の紅葉は見頃!☆⌒(*^∇゜)v
えぇなぁ〜 (@^▽^@) 加茂川
京都御苑

京都御所、仙洞御所を囲む面積約63haの公園で、自由に入ることができます。東西約700m、南北約1,300mの広大な敷地は、江戸時代には二百もの宮家や公家の邸宅が立ち並んでいました。明治になって都が東京に移った後、これらの邸宅が取り除かれて、皇宮付属地として整備された所が、戦後、国民公園として開放されました。外周を石積み土塁で囲まれ、9ヶ所の御門と6ヶ所の切り通しから入る苑内には、御所をはじめ九条池や拾翠亭などの歴史的遺構、母と子の森や出水の小川などの自然とのふれあいの場、テニスコート、グランドなどの運動施設などがある。

北山連峰 京都御苑 解説パネル
約5万本といわれる樹木の紅葉
京都御所・猿が辻の神猿(まさる)

京都御所の北東角だけ築地塀が凹んでいて、その軒下に木彫りの神猿が祀られて、この角を「猿が辻」と呼ばれます。京都の表鬼門である北東に比叡山があり、魔や邪気の侵入を防ぐ役割をし、比叡山に延暦寺を建立しています。比叡山の琵琶湖側麓に日吉大社があり、日吉大社では猿が神の使いで神猿(まさる)と言って、「神猿」は「魔去る、勝る」に通じる事から猿を祀ったと伝えます。京都御所北東角(表鬼門)を守っているのが日吉山王神社の神使いである神猿(まさる)です。烏帽子をかぶり白い御幣を担いだ神猿が金網に覆われているのは、夜になるとこの付近をうろついていたずらを繰り返したためと伝え、やんちゃなお猿さんは、幸神社、比叡山の麓の赤山禅院の神猿と一緒に、京の表鬼門から邪気が入らぬよう金網の中で邪気封じしています。

・・・ 京都御所北東角(猿が辻) 御幣を持った神猿が鬼門を鎮護
一本道は「自転車道」 御所警察のパトカー 広大な御所
大文字山 染井の湧き水がある梨の木神社 ・・・
同志社大学創設者・新島襄旧邸

ボストンの友人J.M.シアーズの寄付によって建てられました。当地は同志社英学校が開校した際に仮校舎として借家した高松保実邸の跡。外観はいわゆるコロニアルスタイルの洋風ですが、造りの基本は和風寄棟住宅です。間取りは日本的な田の字型であり、壁は柱を露出させる旧来の真壁造りとなっています。床が高く、三方にべランダをめぐらし窓には鎧戸をつけ、白い壁面に茶褐色の木部を見せる簡素な二階建住宅です。設計者・施工者とも定かでありませんが、当時の同志社教員で医師・宣教師でもあったW.テイラーの助言を得ながら、新島襄が設計したとも伝えます。日本人向けに建てられた和洋折衷の木造二階建て住宅、また、同志社創立者の旧居として価値が高く、昭和60年(1985)に京都市指定有形文化財に指定されました。(By 同志社大学)

同志社大学創設者・新島襄旧邸 こま札
和洋折衷でモダンな新島襄旧邸(京都市指定有形文化財) 下御霊神社
こま札 寺町通りを南下・・・ 御池通りを西進
紅葉とクリスマスカラー 四条大宮 日本一の高さの東寺五重塔
街を彩るクリスマスイルミネーション!☆⌒(*^∇゜)v
京セラ本社のクリスマスイルミです。\(●⌒∇⌒●)/ Merry Good?!(^^ゞ
Beautiful!! (・_・)☆ヾ(^^ ) 欧米か?!

Tourist.2009.12.14(M)

  

関連サイト

古都の秋・東山々麓PartV

古都の秋・東山々麓PartV 古都の秋・東山々麓PartU 古都の秋・東山々麓PartU

古都の秋・東山々麓

古都の秋・東山々麓

洛雅記(らくがき)07年探訪コラム

錦秋の古都・東山々麓

洛雅記(らくがき)07年探訪コラム

錦秋の古都・東福寺

はんなり雅な古都迷走案内「名をきけば・・・」

はんなり雅な古都迷走案内「名をきけば・・・」

錦秋の伏見界隈を歩く・・・

錦秋の伏見界隈を歩く・・・

晩秋の東山々麓わびさび歩く

晩秋の東山々麓わびさび歩く

東福寺、泉涌寺山内七福神めぐり

東福寺、泉涌寺山内七福神めぐり

新撰組幕末回廊散策その3

新撰組幕末回廊散策その3

 

戻る 洛雅記2009年探訪コラム

 

inserted by FC2 system