男山〜淀、酒蔵の町・伏見歩き旅

 

石清水 清き流れの 絶えせねば やどる月さえ 隈くまなかりけり 能蓮法師

 

八幡、男山・石清水八幡宮〜淀〜酒蔵の町・伏見をウォーキング

要所に地図をリンクしましたのでご参考に!(^_-)

遺蹟探訪の町「八幡、男山」 ☆地図

石清水八幡宮の門前町として発展し八幡宮に因んで八幡市と言います。男山丘陵の北側に位置し淀川に面する低湿地で古来、洪水の被害を受ける事が多く人家は山麓に沿って建ち並び平地を盛土としています。元、綴喜郡に属し橋本、奥ノ町、大谷、八幡荘、川口、志水、東林、西山、幣原(しではら)、南山などからなっていましたが昭和29年(1954年)10月、付近の有智郷(うちごう)、都々城(つづき)のニヶ村と合併しました。当地は京阪間の交通の便もよく、都市近郊の野菜供給地でしたが近年はベットタウンとして大きく変貌していますが街道筋には今もひなびた旧家が軒を連ね街道脇には古墳を記した多数の道標があり遺蹟探訪には楽しい処とされます。男山は「雄徳山」、「牡山」とも記し、石清水八幡宮の鎮座に因み一に「八幡山」とも言います。標高142m、山頂を鳩ヶ峰と称し南は生駒山、北は淀川を隔てて天王山に相対しています。

納屋町商店街 龍馬とお龍がキャラな竜馬通り商店街
・・・ 旅籠・寺田屋 今は水枯れしている宇治川派流
中書島駅前通り 京阪電車・中書島駅
淀屋橋行き普通車に乗車して八幡市へ・・・ 車窓から見える新淀城?淀競馬城か?!(^^ゞ
淀車庫 宇治川を渡っています・・・京阪電車澱川(よどがわ)鉄橋
京阪電車木津川鉄橋 車窓から見る男山 八幡市駅
八幡市駅前 トーマス・エジソンの胸像
解説 逢坂山から移転してきた元祖・走井餅 能蓮法師歌碑)@さざなみ公園
清水八幡宮(男山) ☆地図

石清水八幡宮は京都府八幡市の男山山頂に鎮座する神社で、京都の北東(表鬼門)にある比叡山延暦寺と対峙して京都の南西(裏鬼門)を守護する神社です。応神天皇、神功皇后、比(ひめ)神を祭神とする旧官幣大社で男山八幡宮とも呼ばれ伏見稲荷大社と共に京都南郊屈指の大社として崇敬されています。初め男山々中に湧き出る清泉を神社化したとされますが平安時代初期、貞観元年(859年)、奈良・大安寺の行教という僧が豊前国(今の大分県)の宇佐宮に篭られた時、八幡大神の御託宣(お告げ)を蒙り、同年男山の峯に八幡三所の神霊を奉安し、この年、清和天皇の御命令を承けた木工寮権・允橘良基は、当地に本殿三宇・礼殿三宇から成る六宇(ろくう)の宝殿を造営した事から始まります。翌年の貞観2年(860年)4月3日、八幡三所大神が正式に鎮座されました。創建以来、朝野の崇敬が篤く伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟と崇められ天元2年(979年)、円融天皇の行幸以来、歴代天皇の行幸数多く特に源氏は、この神を氏神と仰いだので武家間で大いに広まりました、「延喜式」にその名を見ないのは神社としてよりも寺院として栄えていたからで往時は山上、中、下に多くの堂舎僧坊が瓦を並べ江戸末期においても尚23坊を数えましたが明治の神仏分離によって神社一色に改されました。往時を物語る石灯籠は320余基を数え奈良の春日大社の1800余基、大阪の住吉大社の560余基に次いで多いですが江戸時代以降のものが多く関心を持たれませんでしたが近年、鎌倉後期の石灯籠(永仁(えいにん)の石灯篭(重文:鎌倉期)が見つかりました。社殿(重文:江戸期)は山上と山下の二ヶ所に分かれていますが、主なる社殿は山上にあり上院とも言います。何れも創建以来、度々兵火によって焼失したが寛永11年(1634年)、徳川家光の造営によるもので廻廊に囲まれた中に楼門、幣殿、本殿、神庫などが複雑に入り混じっています。本殿は外陣(外殿)と内陣(本殿)に分かれ両方の屋根が接する所に織田信長寄進の黄金の雨樋を架けその下を合の間とし三間社を一間づつ開けて一棟とする八幡造りの形式になっています。山腹にある石清水社(末社)は当社発祥の所以となった清泉が今も湧き出しています。また、大治元年(1129年)3月、平清盛が12才で従五位下左兵衛佐に任じられた時、石清水八幡宮の臨時大祭で奉納神楽の舞人に選ばれ神楽を舞ったという記録が残されています。

安居橋(あんごばし/太鼓橋)@さざなみ公園 石清水八幡宮 放生池
頓宮(お旅所)地図

「徒然草」に、仁和寺の法師が岩清水詣でにやって来て、この頓宮を本社と間違えて「さすが八幡様は立派であったが、参拝者がぞろぞろと山へ登っていくのには合点がいかぬ・・・」と言って笑い者になったいう一説があります。「あらまほしきは先達(案内人)也」と話を結んでいますが、頓宮だけでも満足できる事は事実です。

八幡五水の一「筒井」 頓宮北門 頓宮殿
男山と頓宮南門と回廊 男山ケーブルカー 参道
八幡五水の一「藤井」 徒然草ゆかりの高良(こうら)神社
富士急行のバス(@_@) 源頼朝手植と伝える松 裏参道へ・・・
裏参道は幾つもの上院参道で一番急勾配な太子坂とも呼ばれる。 瀧が出現?!
八幡五水の一「竹の下の井」?「竹雨水」 なかなか急勾配な石段。。。(; ̄ー ̄A 藤坊(塔坊(とうぼう:宿坊)跡
・・・ 城郭のような石垣 護国寺薬師堂跡
・・・ 細橋 上院に到着!(*´ο`*)=3ホッ
手水 南総門 境内
拝殿・本殿 男の神様という摂社・若宮社
校倉 320余基の灯籠が並ぶ参道 シンボルタワーの涌峯(ゆうほう)塔
関西の神仏霊場 京都の神仏霊場
神仏霊場趣意 エジソン記念碑 解説
男山界隈案内絵図 八幡五水の一「供御井」 男山展望台へ・・・
遥総拝所 谷崎潤一郎文学碑『蘆刈』 解説
男山展望台からの八幡市〜伏見〜京都市内俯瞰・・残念ながら雨で煙っています!(ーー;)
男山鋼索線(ケーブル線)地図

八幡市駅〜男山山上駅の約400mの短路線高低差も82mと全国のケーブルの中では最も低く、所要時間も約3分。しかし、沿線の地形は起伏に富み、途中にトンネルや鉄橋もあります。ケーブルカーの鉄橋としては日本一の高さを誇る(最高部:50m、全長:111m)男山橋梁から八幡市〜京都市の眺望が広がります。

パノラマ案内図 男山ケーブル線・男山山上駅
ケーブルカーの動力?!ケーブル巻き上げ機 ケーブルカー車内・・傾斜に合わせて水平に作られているのがわかりますね。
男山山上駅前のトンネル 運転席・・・当たり前ですが、万一ケーブルが切れた時ここでブレーキ操作ができます。(^-^)v
出発進行!(*゜▽゜)/ ケーブルカーの鉄橋としては日本一の高さを誇る(最高部:50m、全長:111m)男山橋梁
トンネルで離合・・・男山ケーブル線の中間地点 ・・・
間もなく男山ケーブル線・八幡市駅 男山ケーブル線・八幡市駅
さっきの富士急行のバス@駅前ロータリー 京阪・八幡市駅
雨に煙る男山 新しく架け替えられた御幸橋(木津川)
京阪電車木津川鉄橋が見える・・・ 天下分け目の天王山 春に桜満開になる背割れ堤
御幸橋(宇治川)・・・雨降りなのでウォーキングしている人と出会わない?!(;¬_¬) ここから大阪湾まで37.3km
田園風景 宇治川右岸をテクテク・・ 電車が疾走していきます・・・
京阪電車澱川(よどがわ)鉄橋を8000系・特急が通過ing・・営業Max110km(設計Max120km) この先は行き止まりなので鉄橋の下へ・・
雨降る宇治川右岸堤防を淀の町中へテクテク・・鳥羽伏見戦では淀界隈でも薩長と新撰組・会津藩など旧幕府軍と激戦が行われた・・
美豆城跡に鎮座する涼森神社 歴史を感じさせる造り醤油・木田醤油 かつてこの方向へ木津川が流れていた・・
かつての風情を今に残す浜納屋(木田醤油) 安政2年(1855年)創業の木田醤油
かつての船運の賑わいを伝える石段と納屋・・・浜納屋(はまなや) ☆地図

浜納屋と呼ばれる俵物(たわらもの)納屋がある場所はかつては木津川左岸に面していました。納屋内部の中央に設けられた石段を使って浜から直接船に荷物を積み降ろしていました。今も残る石段と納屋は淀川船運で賑わった頃の風情などを今に伝えています。

かつて、木津川旧河川道左岸に位置した浜納屋と直接船に荷物を積み降ろしていた石段
浜納屋内部(木田醤油) かつて木津川が画面右から左へ流れていたので、この通りの方向に旧淀大橋が架かっていた・・
この通りに旧淀大橋が架かっていた。 大橋辺のこの通りが旧木津川右岸でした。 早咲きで知られる淀の河津桜
ゲケッ?!もう花開く寸前です?!(@_@) 京街道(大阪街道)をテクテク・・・競馬場のある淀らしい馬匹輸送の看板
・・・ 淀在住で元・お天気おじさんのK谷氏の店 淀本町商店街へ・・・
淀の産土神・與杼(与杼:よど)神社 京阪淀駅の移転で危ぶまれている淀本町商店街・・駅と商店街は町の核なんだけど・・(~ヘ~;)
淀の人なら知っている淀名物のチキンカツ、コロッケなどなど・・お惣菜をゲット!(^-^)v 本町商店街をあとにして淀駅へ・・・
新しく高架駅になった淀駅 淀屋橋行き準急 特急が通過・・(@_@)
出町柳行きの準急に乗車 京阪・中書島駅 中書島駅前通り
酒蔵、蔵元 伏見名水・伏水
黄桜・お酒の資料館 酒蔵 竜馬通り商店街
納屋町商店街 大手筋商店街

雨降る風呂屋町通り(^▽^;)

Tourist 2012.03.05(M)

 

関連コラム

洛南〜洛西の紅葉めぐり 洛南〜洛西の紅葉めぐり

洛西の盛秋!紅葉めぐり

洛西の盛秋!紅葉めぐり

洛西花めぐり 洛西花めぐり

柳谷観音寺(楊谷寺)、浄土谷花めぐり

柳谷観音寺(楊谷寺)、浄土谷花めぐり
柳谷観音寺(楊谷寺)、浄土谷 オブ ちゃりビアン 柳谷観音寺(楊谷寺)、浄土谷 オブ ちゃりビアン 西山チャリ探訪 西山チャリ探訪
「乙訓(おとくに)八景」花めぐりPartT 「乙訓(おとくに)八景」花めぐりPartT 「乙訓(おとくに)八景」花めぐりPartU 「乙訓(おとくに)八景」花めぐりPartU
伏見、久御山、八幡の洛南名残り桜めぐり 伏見、久御山、八幡の洛南名残り桜めぐり 桜花つれづれ・・・背割堤(剣先)、伏見水郷めぐり 桜花つれづれ・・・背割堤(剣先)、伏見水郷めぐり

乙訓、八幡歴史街道散策

乙訓、八幡歴史街道散策

桜花繚乱・・・背割堤、石清水八幡宮散策

桜花繚乱・・・背割堤、石清水八幡宮散策

浄土谷、楊谷寺(柳谷観音)散策

浄土谷、楊谷寺(柳谷観音)散策

丹波街道・善峯寺道散策

丹波街道・善峯寺道散策

金蔵寺道・小塩山(大原山)散策

金蔵寺道・小塩山(大原山)散策

「山陰街道・史跡めぐり」散策

「山陰街道・史跡めぐり」散策

「竹の径・古墳めぐり」散策

「竹の径・古墳めぐり」散策 西国街道「ちょっと長岡京」散策 西国街道「ちょっと長岡京」散策

山城散策

山城散策

流れ橋、八幡散策

流れ橋、八幡散策
西国街道「天下覇道」散策Part1 西国街道「天下覇道」散策Part1

西国街道「天下覇道」散策その2

西国街道「天下覇道」散策その2

西国街道「長岡京道」散策その1

西国街道「長岡京道」散策その1

西国街道「長岡京道」散策その2

西国街道「長岡京道」散策その2

鳥羽の造り道:楽水編

平安京道「鳥羽の造り道:楽水編」散策

平安京道「鳥羽の造り道:羅生門編」散策

平安京道「鳥羽の造り道:羅生門編」散策

浪漫ちっく華街道

浪漫ちっく華街道

伏見一の名園!!!楽水苑の華繚乱:スライドショー

城南宮の「楽水苑」

雅の杜〜絢爛の山散策

絢爛の華道

鳥羽殿の雅散策

雅の里

源氏物語ゆかりの華庭

源氏物語ゆかりの華庭

王朝〔貴族〕文化散策

王朝ロマン

 

戻る 洛雅記2012年探訪コラム

 

inserted by FC2 system