男山、石清水八幡宮探訪

 

石清水 清き流れの 絶えせねば やどる月さえ 隈(くま)なかりけり  能蓮法師

 

伏見港〜三栖閘門・みなと広場〜巨椋池干拓地、久御山〜旧木津川河川道〜男山・石清水八幡宮〜淀

 

石清水八幡宮

応神天皇、神功皇后、比(ひめ)神を祭神とする旧官幣大社で男山八幡宮とも呼ばれ伏見稲荷大社と共に京都南郊屈指の大社として崇敬されています。初め男山々中に湧き出る清泉を神社化したとされますが貞観元年(859年)、奈良大安寺の僧・行教が九州の宇佐八幡宮を勧請した事から始まります。創建以来、朝野の崇敬が篤く伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟と崇められ天元2年(979年)、円融天皇の行幸以来、歴代天皇の行幸数多く特に源氏は、この神を氏神と仰いだので武家間で大いに広まりました、「延喜式」にその名を見ないのは神社としてよりも寺院として栄えていたからで往時は山上、中、下に多くの堂舎僧坊が瓦を並べ江戸末期においても尚23坊を数えましたが明治の神仏分離によって神社一色に改されました。往時を物語る石灯籠は320余基を数え奈良の春日大社の1800余基、大阪の住吉大社の560余基に次いで多いですが江戸時代以降のものが多く関心を持たれませんでしたが近年、鎌倉後期の石灯籠(永仁(えいにん)の石灯篭(重文:鎌倉期)が見つかりました。社殿(重文:江戸期)は山上と山下の二ヶ所に分かれていますが主なる社殿は山上にあり上院とも言います。何れも創建以来、度々兵火によって焼失したが寛永11年(1634年)、徳川家光の造営によるもので廻廊に囲まれた中に楼門、幣殿、本殿、神庫などが複雑に入り混じっています。本殿は外陣(外殿)と内陣(本殿)に分かれ両方の屋根が接する所に織田信長寄進の黄金の雨樋を架けその下を合の間とし三間社を一間づつ開けて一棟とする八幡造りの形式になっています。石清水社(末社)は山腹にあって当社発祥の所以となった清泉が今も湧き出しています。

濠川 虫篭(むしこ)窓、格子窓、駒寄せのある町屋 角倉橋(高瀬川)
旧角倉橋の橋柱 であい橋(濠川・宇治川派流合流地) 角倉了以水利記功碑
高瀬川

角倉了以が開削したのが高瀬川でした。慶長16年(1611年)、工事着手し慶長19年(1614年)、二条から伏見まで全長約10.5km程の運河を開削しました。完成した高瀬川の造りは合理的で、底の浅い高瀬舟(舟底の浅い、浅瀬用の舟)に合わせて浅く作られており、川幅も舟が通れば舟分だけ水位が上がるように計算された幅で作られていました。高瀬川を利用して高瀬舟が運んだものは、米、炭、材木、塩等でした。政治の中心が江戸に移り活気を失っていた伏見の町に活気を復活させました。

角倉了以が開削した旧高瀬川と宇治川派流合流地 宇治川派流
豊臣秀吉が開港した河川内陸港・伏見港

文禄3年(1594年)豊臣秀吉が伏見桃山城築城の為に堤防などの治水工事をして開いた河川内陸港です。現在は公園になっており、春と秋には十石、三十石船が巡航しています。三十石船は、坂本龍馬始め東海道膝栗毛の弥次・喜多も利用したという話もあり、大阪・天満八軒家〜伏見・京橋迄の淀川を巡航し大阪と京都を結ぶ水運の重要な中継港として伏見は発展しました。

おけいはん(京阪電車) 伏見港とみなと大橋 三十石船のペンチ
三栖閘門

伏見を水害から守る為に大正11年(1922年)、宇治川右岸の観月橋〜三栖の堤防工事が始まり宇治川と伏見港が分離されました。昭和4年(1929年)、三栖閘門が建設され、宇治川と濠川との約4.5mの水位差を一定にして船を行き来させるようにしました。完成当初から、旅客を乗せた蒸気船や石炭の輸送船など年間2万隻以上が通航していましたが昭和30年代に入り、陸上交通の発達で貨物船による輸送が減少し、昭和37年(1962年)、淀川の舟運はなくなり昭和39年(1964年)、宇治川上流に天ヶ瀬ダムが完成してからは水位が大幅に減少し、閘門はその役目を終えました。

伏見港 三栖閘門(前扉室)
三栖閘門と三十石船モニュメント 当時の巻き上げ機のモニュメント 解説パネル
三栖閘門資料館 改築前の三栖閘門操作室 三栖閘門(後扉室)と宇治川
閘室、資料館と前扉室 ・・・ 東高瀬川と宇治川
宇治川 国道1号線・宇治川大橋 宇治川
野鳥の楽園となっいる広大な葦原 かつて広大な巨椋池が広がっていた干拓地
巨椋池の動植物を鎮魂する大池神社

巨椋池に生息していた全動植物の鎮魂と農業の安全と繁栄を願って創建されました。昭和28年(1953年)に襲来した台風13号で宇治川左岸が決壊し、境内にある大池漁業記念碑の上端は、当時の洪水浸水線と伝えます。

巨椋池(前川)排水機場 巨椋池排水幹線(前川) 大池神社
巨椋池碑 先端が洪水浸水線と伝える大池漁業記念碑 本殿
この辺りも巨椋池でした@東一口 冬枯れしている内田蓮園 改修中の巨椋池排水幹線(前川)
山田家の長屋門 こま札 ・・・
弥陀次郎(みだじろう)伝説を今に伝える浄土宗知恩院派紫金山・安養寺 ・・・
豊吉稲荷大明神 格子窓、駒寄せのある町屋 巨椋池(前川)排水機場
国土交通省久御山排水機場(古川、大内川) JRA京都(淀)競馬場 間もなく淀大橋

木津川大橋〜久御山町役場〜淀木津に繋がる道路(R15)は木津川旧河川道跡(右岸堤防)

淀大橋は、木津川旧河川道右岸でした。
宇治川左岸堤防道 京阪電車宇治川(澱川:よどがわ)鉄橋
京阪電車・澱川鉄橋
洛南随一の桜並木の名所・背割れ堤と天王山 御幸橋(木津川)と男山
航海記念塔(石清水八幡宮五輪塔/重文:鎌倉期)

日本最大(高さ6m)の五輪石塔(鎌倉時代作)で重要文化財に指定されています。石塔部分は下から地・水・火・風・空の五大要素を表しています。摂津・尼崎の商人が宋(中国)との貿易の帰途、石清水八幡宮に祈って海難を逃れ、その恩に報いる為に建立されたと伝わり航海の安全を祈って参拝され「航海記念塔」とも称されています。一説には、石清水八幡宮を創祀した行教律師の墓とも伝えます。

安居橋(あんごばし/太鼓橋) 石清水八幡宮 大きさ日本一の五輪石塔!(@_@) (航海記念塔)
神応寺

当地に八幡宮を勧請した奈良・大安寺の行教(ぎょうきょう)律師が開創しました。文禄元年(1592年)、豊臣秀吉が朝鮮出兵に際し、岩清水八幡宮にて戦勝祈願し、水先案内人の協力を神社に依頼したが拒否され秀吉は立腹したが、その取り成しをしたのが当寺の住職で以来、秀吉から寺領200石を賜ったと伝わり、本堂には衣冠束帯姿の豊臣秀吉の坐像が安置されています。

神応寺 ・・・ 境内
鐘楼 「百万石の大名を凌ぐ」豪商・淀屋辰五郎一族の墓所 神応寺俯瞰
高台からの眺め 鉄道ではなく索道ですが男山ケーブルの杉山谷鉄橋は全長111m、高さ50mで日本一の高さ・・・
こもれびルートで石清水八幡宮の上院へ・・・マイナスイオンをたっぷりいただきます!(^^♪
こもれびやんか〜☆⌒(*^∇゜)v 鳩ヶ峰二等三角点(点名:八幡 はちまん 142.48m)
解説 国分寺跡 小社
椿 金明孟宗竹 解説
間もなく上院到着!o(*^▽^*)o エジソン記念碑 涌峯塔(ゆうほうとう:シンボルタワー)
三の鳥居 今は、お百度参りの起点石?「一ツ石」 320余基の灯籠が並ぶ参道
永仁(えいにん)の石灯篭(重文:鎌倉期) 南総門 境内
拝殿・本殿 展望台からの伏見〜京都市内の眺めとです・・・
伏見方面のズーム 谷崎潤一郎文学碑『蘆刈』 ・・・
石清水社(石清水井) 泉殿(八幡宮所縁の石清水井)
石清水社(石清水井) 泉坊 松花堂跡碑 解説
泉坊 松花堂跡(茶室) 松花堂茶室の路地庭跡
影清塚 大扉稲荷社 松花堂昭乗の筆「下馬石」(石清水八幡宮参道口)
相槌神社 今も湧き出ている八幡五水の一「山ノ井戸」 松花堂昭乗所縁の泰勝寺(昭乗墓所)
たしかに・・・φ(..)メモメモ 安居橋(あんこばし:太鼓橋) 源頼朝手植えの松
石清水八幡宮頓宮(お旅所)

「徒然草」に、仁和寺の法師が石清水詣でにやって来て、本社と間違えて参拝者で賑わう頓宮、高良神社を参拝しただけで帰ってしまい「さすが八幡様は立派であったが、参拝者がぞろぞろと山へ登っていくのには合点がいかぬが・・・」と言って笑い者になったいう一説があります。「あらまほしきは先達(案内人)也」と話を結んでいますが、頓宮だけでも満足できる事は事実です。

二の鳥居 頓宮南門 神事が執り行われています・・
頓宮殿 徒然草ゆかりの高良神社
八幡五水の一「藤井」 能蓮法師歌碑 安居橋(あんこばし:太鼓橋)
さっ、帰ろう!キララくん 頓宮北門 放生池
八幡五水の一「筒井」 京阪八幡市駅
男山 サンセット・・・日没間近 木津川に架かる架け替え工事中の新御幸橋
日没時間が遅くなってきたけど、寒風が身に沁みます・・・
この区間は、特急も急行も普通も疾走していきます・・・
淀大橋 かつて木津川右岸堤防だった道
・・・ 新しくなる京阪・淀駅 淀小橋旧跡
千両松慰霊碑(新撰組隊士の幽霊伝説)

慶応4年(1868年)1月5日、土方歳三率いる新撰組ら東軍(幕府軍)と鳥羽方面から攻めてくる西軍(薩長軍)で淀堤上は大激戦となった。最初は、新撰組などの活躍で優勢だったが、砲兵隊や騎兵隊などの援軍で西軍が、盛り返し東軍は、敗退。同盟であった淀城への入城も拒まれた為に淀堤の戦いで東軍は、戦死者が続出。新撰組幹部・井上源三郎、戦死。副長助勤・山崎烝も重傷を負った。(慶応4年(1868年)1月10日、幕府軍々艦・富士山丸で江戸へ向かう途中、死去し和歌山沖で水葬。)・・・千両松には、激戦で戦死した新撰組隊士と幕臣の慰霊碑が、建てられていました。が、競馬場拡張工事の為に小さな碑が削られました。それから事故が多発し毎晩、誠の旗を持った新撰組隊士の幽霊が「元に戻せ!」と現れた・・・工事関係者は、慰霊碑の管理寺・妙教寺に依頼し盛大に供養を行いました。そして工事終了後、元の場所に碑を戻し墓を整備した。以来、幽霊は出没しなくなったと伝えます。・・・当時、西軍の戦死者は、手厚く埋葬されたが東軍の戦死者は、野ざらし状態だったとか。地元のお寺や村人達が、鳥羽伏見の戦いで廃墟と化した住居の廃材などで東軍の戦死者達を火葬し手厚く埋葬したとも伝えます。下鳥羽、淀界隈の寺院などに慰霊碑、塚、墓、埋骨地、記録文書などが多数ある由縁です。

千両松慰霊碑「戊辰役東軍戦死者埋骨地」 慶応4年(1868年)1月5日、鳥羽・伏見戦で土方歳三率いる新撰組ら旧幕府軍と薩長軍の大激戦地となった千両松辺り

Tourist2010.01.18(M)

 

関連コラム

男山・石清水八幡参宮

男山・石清水八幡参宮

ちょっと洛南花めぐり・・・伏見、八幡ポタ

ちょっと洛南花めぐり・・・伏見、八幡ポタ

伏見水郷、前川堤、背割堤(剣先)・・・洛南桜花めぐり

伏見水郷、前川堤、背割堤(剣先)・・・洛南桜花めぐり

洛雅記

桜花つれづれ・・・背割堤(剣先)、伏見水郷めぐり

伏見、久御山、八幡の洛南名残り桜めぐり

伏見、久御山、八幡の洛南名残り桜めぐり

桜花繚乱・・・背割堤、石清水八幡宮散策(Pちゃんズ)

桜花繚乱・・・背割堤、石清水八幡宮散策

流れ橋、八幡散策

流れ橋、八幡散策

山城散策

山城散策

浪漫ちっく華街道

浪漫ちっく華街道

 

戻る 洛雅記2010年探訪コラム

 

inserted by FC2 system